ミュージカル「明成皇后」、日本で公演

ミュージカル「明成皇后」、日本で公演

2009年10月09日09時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ミュージカル「明成皇后」が8日に日本の地を踏んだ。熊本で恨みをにじませた歌と踊りを披露した。1895年10月8日の乙巳事変(閔妃殺害事件)で明成皇后が悲鳴に倒れてから114年になる日だった。このミュージカルは1995年に明成皇后殺害100周年を追慕するために初めて公演された。日本やロシアなど列強の角逐の中でも「朝鮮の国母」としての気概を守った明成皇后の人間的苦悩を盛り込んだ。韓国的なカラーが目立った作品として認められ、97年には韓国ミュージカルでは初めてニューヨークのブロードウェイに進出している。

  熊本学園大学講堂で行われた公演は、本来2時間半の公演を1時間に縮約したハイライト版で演じられた。「華麗さ」よりも「真摯さ」に傍点を付けた。歴史に対する省察を込めた歌と踊りが観客を圧倒した。

  日本に鳴り響いた明成皇后の歌はより一層の深い哀痛さが立ちこめるようだった。700の客席を埋め尽くした日本の観客も悲痛な歴史の前に粛然とした様子だった。特に明成皇后が殺害される場面では嘆息が漏れた。ミュージカルを観覧したナカガワヨシミさん(18)は、「ミュージカルを通じて明成皇后殺害事件について初めて知った。迫力があり感動的な公演だった」と感想を述べた。

  この日の公演には乙巳事変の主犯の国友重章の孫に当たる河野龍巳さん(87)も訪れた。元新聞記者の河野さんは公演直前に明成皇后役を務めたイ・テウォンにブレスレットをプレゼントしたりもした。河野さんはイ・テウォンの手をしっかりと握り「涙をとめがたい。立派に公演してほしい」と頼み、イ・テウォンは「公演を機に韓日両国がより美しい関係へとつながっていけばいい」と答えた。

  公演を企画したエイコムインターナショナルは、2007年から日本公演実現に向け水面下で作業を進めてきた。特に河野さんが会長を務める民間団体の「明成皇后を考える会」の役割が大きかった。エイコムのパク・ジョンファ次長は、「明成皇后殺害犯48人のうち21人が熊本出身。今回の公演は韓日間の歴史に再度照明を当て和解する席だ」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事