医療法決起大会で医師が‘切腹’

医療法決起大会で医師が‘切腹’

2007年02月06日18時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  医師が自ら腹部を切るという事件が起きた。

  6日、果川(クァチョン)政府総合庁舎でソウル・仁川(インチョン)地域所属医師3000人余が参加した‘医療法改悪阻止決起大会’が開かれ、ソウル市医師会のジャ・フンジョン広報理事が舞台の上で「命をかけて闘争しよう」と叫びながら突然腹部を切った後、血書を書いた。

  現場にいた医師らは「医療法議論の経過報告のため舞台に立ったジャ理事が突然、自分の腹部を切ったため、事前に防ぐことができなかった」と語った。

  ジャ理事は腹部に7センチほどの傷を負ったが、同僚医師らの応急手当を受け、命に別状はないという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事