「南朝鮮からコメ入って来たら足りない軍糧米を補充せよ」

「南朝鮮からコメ入って来たら足りない軍糧米を補充せよ」

2006年12月04日08時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金正日(キム・ジョンイル)国防委員長が核実験直後の10月18日、国防委員会キム・イクヒョン軍需動員総局長に「南朝鮮から食糧が入るはずだが、不足している食糧(軍糧米)はコメが入って来たら補充せよ」と言ったことが明らかになった。

  また北朝鮮労働党中央委員会が最近、農業現況を集中検閲、13人の党と農業委員会所属幹部たちを含め、多数を処罰するよう指示したことがわかった。2006年秋穀生産量が210万トンだが、これを350万トンと虚偽報告した疑いだ。

  このような事実は高麗(コリョ)大北朝鮮学科ナム・ソンウク教授が独占提供した「偉大なる領導者金正日同志が軍需動員総局長に言った話」資料と「朝鮮労働党中央委員会秘書局決定第122号」(2006年11月3日)など2つの文件を通じて明らかにされた。ナム教授は「平壌(ピョンヤン)を出入りする中国消息筋が労働党幹部級関係者から資料を手に入れた」と話している。

  ◆話の資料=金委員長は軍需動員総局長に接見「報告された資料を見ると党で立てた(戦争予備食糧)目標の83%を確保したというが…」とし「今は他の国から食糧を支援してくれる見込みがないが、最終的に南朝鮮から食糧が入るだろう。不足分の食糧はコメが入って来たら補うようにせよ」と言った。また「ディーゼル油の問題もやがて解決するだろう」と言った。ナム教授は「中国の支援をもらえるはずだから、これを通じて戦争に軍用油を確保せよという意味」と言った。

  ◆秘書局決定文=決定文は「最近の党中央委員会集中指導検閲で表れたが、少なくない農業部門関係者らは農業生産実積を虚偽で作成して報告し、個人搾取した」とし「結果、今年度農業生産実積210万トンを350万トンに虚偽操作…人民経済計画樹立に混乱を造成した」と指摘した。これにより▽黄海南道(ファンヘナムド)、平安南道(ピョンアンナムド)の道党農業秘書▽黄海南道、平安北道(プクト)の農村経理委員会委員長▽咸鏡(ハムギョン)南道道党経済秘書--ら計13人を離党、撤直(職位解除)、革命化(教育)させることにした。

  ナム教授は「検閲対象であるコメ、トウモロコシ、ジャガイモなど秋穀収穫量が苦難の行軍時代だった1988年の収穫高の 60%を下回る水準なので厳しい食糧難が予想され、第2の苦難の行軍は不可避な見通し」と話している。

  

  ◆ 軍需動員総局長=軍需動員総局長は戦争対備物資徴収および備蓄責任者だ。キム・イクヒョン総局長は大将階級だ。彼は4軍団長出身で民防衛部長も兼ねている。軍需動員総局は人民武力部ではない国防委員会傘下機関だ。

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事