31日からソウルモーターショー…「韓国製新車の饗宴」(1)

31日からソウルモーターショー…「韓国製新車の饗宴」(1)

2017年03月28日11時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
双竜自動車「G4レクストン」
  自動車モーターショーには「ホームアドバンテージ」がある。フランクフルトモーターショーはメルセデスベンツ、BMW、フォルクスワーゲンなどドイツ車、パリモーターショーはルノーやプジョーなどのフランス車、東京モーターショーはトヨタ、ホンダ、日産などの日本車がそれぞれ最も大きな展示スペースを占め新車を披露する。31日から4月9日まで京畿道高陽市(キョンギド・コヤンシ)の韓国国際展示場(KINTEX)で開かれるソウルモーターショーはホームグラウンドで開かれる行事だけに現代(ヒョンデ)・起亜(キア)自動車と韓国GM、ルノーサムスン、双竜(サンヨン)自動車が披露する「国産新車の饗宴」になる見通しだ。韓国9ブランド、輸入車18ブランドの27ブランドが参加し新車32台を含めた300台余りを展示する。

  最も注目される韓国車の新車は双竜自動車の大型スポーツ多目的車(SUV)の「G4レクストン」だ。2001年から16年ぶりにフルモデルチェンジで帰ってきた。既存の「レクストンW」よりも上級のモデルで、起亜自動車「モハベ」と競合する予定だ。正統SUVの魅力を生かし一体型の車体に四輪駆動方式を採用した。上半期発売予定だがソウルモーターショーを通じ一足先に公開する。

  スピード感を楽しむドライバーなら起亜自動車が韓国で初めて発売する後輪駆動中型スポーツセダン「スティンガー」に注目すべきだ。3.3Lターボガソリンエンジンを搭載し最高出力370馬力、最大トルク52kgf・mの性能を出す。起亜自動車のモデルのうち最も速い。停止状態から5.1秒で時速100キロメートルに達する。スポーツカーであるポルシェ「911カレラS」の場合、停止状態から時速100キロメートルに達するまで3.9秒かかる。屋根からトランクまで緩やかにラインが続くファーストバックデザインを採択した。

  今回のモーターショーは展示モデル5台のうち1台が電気自動車、ハイブリッド自動車、プラグインハイブリッド自動車であるほどエコカーが豊富な点が特長だ。現代自動車は「グレンジャー・ハイブリッド」と水素燃料電池自動車のコンセプトカーを公開する。グレンジャー・ハイブリッドの燃費はL当たり16.2キロメートル水準だ。現代自動車関係者は「静かさを誇るレクサスES300hと比較しても走行音が小さいだけに競争力を備えた」と説明した。

  韓国GMは1回の充電で韓国最長走行距離の383キロメートルを誇る電気自動車「ボルト」を初めて公開する。準中型車のボルトは最高出力200馬力を持つ。停止状態から時速100キロメートルに達するのに6秒あれば十分なほどの加速性能も備えた。

  

31日からソウルモーターショー…「韓国製新車の饗宴」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 双竜自動車「G4レクストン」
  • 起亜自動車「スティンガー」
  • 韓国GM「ボルト」