韓国鉄道公社社長「4月南北首脳会談後、南北鉄道連結事業を協議」

韓国鉄道公社社長「4月南北首脳会談後、南北鉄道連結事業を協議」

2018年03月09日08時28分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
大田(テジョン)駅に位置する韓国鉄道公社本社(写真=中央フォト)
  韓国鉄道公社(KORAIL)の呉泳食(オ・ヨンシク)社長が4月の南北首脳会談以降に開かれる実務会談で、南北鉄道連結事業が協議事項の一つになると明らかにした。

  呉社長は8日、韓国国土交通部出入り記者団との昼食懇談会で「4月末の首脳会談以降はさまざまな実務会談が行われるが、この中で物流・運送など南北鉄道連結事業が話し合われる」としながら「特に鉄道の場合、今すぐにでも平壌(ピョンヤン)から新義州(シンウィジュ)、北京をつないで貨物を輸送することができる」と述べた。

  呉社長は「KORAILが北方経済アジェンダ協議に参加しており、鉄道物流事業がすでに進められている」としながら「今すぐにでも南北離散家族対面のために平壌まで鉄道を稼働させることができることから、鉄道関連の文化的交流を積極的に提案できる」と説明した。

  また「南北露、南北中の鉄道協力会議を常設化し、シベリア横断鉄道(TSR)・中国横断鉄道(TCR)など大陸鉄道協力事業の展開に向けた協議をKORAILから積極的に提案したい」とし「現在は国際鉄道協力機構(OSJD)の提携会員だが、これらの事業に向けて来年ソウルでの社長団会議開催時に正会員メンバーシップを確保したい」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事