平昌に来た北朝鮮の客…目が2つしかないことを後悔させよう(2)

平昌に来た北朝鮮の客…目が2つしかないことを後悔させよう(2)

2018年02月07日13時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  平昌五輪は北朝鮮には大きなイシューだ。もともと一般住民に「南朝鮮五輪」開催は知らせてはならないタブーだった。しかし最高指導者の金正恩委員長が「新年の辞」で漏らした。北朝鮮当局の当惑はあちこちで感知されている。労働新聞からは「平昌」という言葉が消え、「第23次冬季オリンピックに行く我々の代表団」などと小さく紹介される。玄松月氏のソウル訪問写真を載せながらも、周囲の高層ビルなどが見えないように苦労した跡も見える。先月の板門店での高官級会談で北側が要求して合意文に盛り込まれた「北参観団南訪問」はこっそりと抜かれた。「参観」という言葉自体が「より良いところに行って学ぶ」という意味を含んでいるという点を後に把握し、当惑したのかもしれない。

  500人ほどの北側の人員をソウルと江陵・平昌など韓国のあちこちに長期滞在させるのも北朝鮮としては大きな負担だ。6日に韓国に来た北朝鮮芸術団の移動手段が当初の板門店経由から京義線(キョンウィソン)陸路に変わり、最終的に「万景峰(マンギョンボン)号」を利用した元山(ウォンサン)-墨湖(ムクホ)航路になった点からも北朝鮮内部の複雑な事情が見える。万景峰号を前に出して対北朝鮮制裁の隙を広げようとする意図もあるだろうが、船で宿泊を解決できる点がもっと大きいと見ることができる。外部との接触をできる限り減らして統制を容易にしようということだ。2002年の釜山(プサン)アジア競技大会当時、北朝鮮はすでにその効果を検証している。

  2002年に経済視察団の団長として来た朴南基国家計画委員長は、金正恩委員長が主導した貨幣改革(デノミ)の失敗で身代わりとして処刑された。金正恩委員長の叔母の夫の張成沢党第1副部長も反体制容疑で刑場の露となった。李明博(イ・ミョンバク)政権当時に密使としてソウルに来た柳敬(ユ・ギョン)国家安全保衛部(現国家保衛省)副部長もスパイ罪で処刑された。北朝鮮の高官級にとって「南朝鮮行き」は命がけだ。「敵陣に入って将軍様の戦士として…」を云々するのは決して誇張でないということだ。金永南氏も玄松月氏もこうしたストレスの例外ではない。

  平昌五輪に来る北朝鮮の客はほとんど20-30代の若い選手と芸術家、女性応援団だ。誰よりも感受性が豊かであるうえ、北朝鮮で中産層以上の生活をしてきた階層だ。すでに北朝鮮に上陸した韓流と外来文物に目を開いた世代である可能性が高い。目をいくら閉じて視線をそらしても、瞳孔に入るその刺激は避けにくいということだ。五輪を開催するほど世界的なレベルに成長した大韓民国と疲弊した「朝鮮民主主義人民共和国」の実情が交差して目に映れば心的な動揺は大きくなるしかない。ソウル-江陵間のKTXの快速疾走とソウルの江南大路(カンナムデロ)・コエックス、江陵・平昌のあちこちをそのまま見せよう。カーテンが閉められた窓の隙間から北側の若い選手と芸術家は目撃するだろう。「古着を着て飢えた」体制で教育を受けてきた韓国の実像を。この人たちが北朝鮮にその衝撃波をそのまま伝えるタンポポの種になる可能性がある。目が2つしかないことを後悔させるよう北朝鮮からの客を迎える準備を綿密にしなければいけない。

  イ・ヨンジョン/統一北朝鮮専門記者/統一文化研究所長

平昌に来た北朝鮮の客…目が2つしかないことを後悔させよう(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事