北送された北朝鮮船員たちの裏話

北送された北朝鮮船員たちの裏話

2009年12月25日12時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  23日午前11時、板門店(パンムンジョム)では北朝鮮住民を送還する手続きが行われた。21日、西海(ソヘ・黄海)の徳積島(トクチョクト)西17マイル(約 27キロメートル)の海上を漂流して救助された船員7人だ。現場で彼らの姿を見守った韓国側関係者たちは驚きを隠すことができなかった。尻の部分がすり減って中が現われたズボンと、塩気がついて乾いた上着を見てのことだ。船長を除き、防寒服もなかった。

  24日、関係当局によれば北朝鮮船員の大部分は顔と手足が凍傷にかかっていたものと診断された。酷寒と波を避けることができないはしけ船水準の小さな船舶に7人が乗ったまま冬の海を流れていたからだ。

  当時、西海上には3メートルの高波が起こり、今年に入っていちばん寒かった。ある関係者は「一部は足を切り捨てなければならないほど深刻な状態だった」と話した。韓国の医療陣が手術を勧めたが、船員たちは拒否した。車椅子を提供しようとしたが断り、不便そうに体をひきずっていった。

  寒さとひもじさにくたびれていた状態だったが、北朝鮮船員たちは韓国側が用意した食事に口をつけなかったという。漂流期間まで合わせれば少なくとも4日間、取るものも取らなかったわけだ。40代初めである彼らは、外見上60代近くに見えるほどやつれて青白かった。漂流当時のぼろぼろの身なりで板門店を越えたのは、北朝鮮船員たちが韓国側が提供した衣服を拒否したからだ。関係者は「下着だけでもあげようと思ったが、彼らは強くねばった」と話した。

  2泊3日間、保護を受けて滞在した彼らは、船長の指示に従って少しの乱れもなく動いていた。韓国に抑留されるのではないかと心配していた彼らは、北朝鮮兵士らを見て安心した表情に変わったという。国境を越えた後、北朝鮮側関係者に会い、体をぶるぶる震わせながら感激した姿を見せた。政府関係者は「韓国の現実に接し、徹底的に歪曲した教育を受けた船員たちがいたわしかった」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事