日本で慰安婦問題を最初に報道した記者、韓国で民族教育賞受賞

日本で慰安婦問題を最初に報道した記者、韓国で民族教育賞受賞

2018年05月15日07時21分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本社会に慰安婦問題を最初に提起した植村隆・元朝日新聞記者(60)がキム・ヨングン民族教育賞を受賞する。

  14日、碩隠キム・ヨングン先生記念事業会は、第24回キム・ヨングン民族教育賞受賞者に植村氏を選定したと14日、明らかにした。碩隠キム・ヨングン先生は、日帝強占期に投獄された人物で、その生涯を世界史教育に捧げた。

  植村氏は朝日新聞社会部記者として活動していた1991年、日本で初めて旧日本軍従軍慰安婦の存在を記事化した。その後、日本右翼の標的になった植村氏は、暴力や脅迫、家族の安全が脅かされながらも所信を曲げず、著書『真実 私は「捏造記者」ではない』を通じて真実を知らせた。

  記念事業会は「朝日新聞記者として活動しながら、太平洋戦争当時の日本軍従軍慰安婦問題を提起した植村隆先生の活動は、時間を超えて碩隠先生の人生と流れと共にある」として受賞者に選んだ理由を明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事