日本大使館放火計画の男、弟の通報で御用

日本大使館放火計画の男、弟の通報で御用

2009年11月05日11時00分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ソウル・鍾路(チョンノ)警察署は日本の歴史わい曲に恨みを抱いて鍾路区中学洞(チュンハクトン)の日本大使館に火を付けようとした容疑で38歳の無職の男をつかまえた。

  警察によると、男は日本大使館に侵入し放火した後、外交官を人質として記者会見を開こうという計画だった。男は4日午前6時にあらかじめ日本大使館を現地調査して放火計画を立てた。同日午後には南大門(ナムデムン)市場を訪れ、ライターオイル1缶とライター3個、赤いスプレー塗料1缶を買った。家から持参した包丁1本と記者会見文2部も準備した。

  しかし男の日本大使館侵入計画は弟の通報で未然に阻止された。教師を務める弟は午後7時に警察に電話をかけ「兄が少しおかしい。日本大使館に火を付けると言っている」と通報した。

  警察は特攻隊員6人と警察犬1頭、鍾路警察署打撃隊員11人と刑事機動隊10人余りを出動させた。鍾路署は午後7時59分に日本大使館周辺をうろついていた男の身柄を確保し取り調べている。警察関係者は「男の精神状態はひとまず正常だとみられるが、精神鑑定を経てすぐに拘束令状を申請する」と話している。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事