<五輪卓球>韓国、シンガポールに敗れ準決勝進出に失敗

<五輪卓球>韓国、シンガポールに敗れ準決勝進出に失敗

2016年08月14日10時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国女子卓球がリオ五輪団体戦で準決勝進出に失敗した。

  日本時間14日明け方にリオデジャネイロのリオセントロ第3会場で行われた女子卓球団体戦準々決勝で韓国はシンガポールに2-3で逆転負けを喫した。

  韓国女子卓球は準決勝進出に失敗し、ロンドン大会に続き今大会でもノーメダルにとどまった。

  韓国女子卓球が団体戦で準決勝入りできなかったのは初めて。2008年の北京大会では銅メダルを獲得し、2012年のロンドン大会では4位となった。

  韓国はロンドン大会団体戦の3位決定戦で敗れたシンガポールとの対戦で雪辱を狙った。

  最初のシングルスに出たソ・ヒョウォン(29)が馮天薇に0-3で敗れたが、2人目のシングルスでチョン・ジヒ(24)がユー・モンユを3-1で制圧しシングルスでの敗北を雪辱した。

  チョン・ジヒはヤン・ハウン(22)とのダブルスでも勝利した。ゲームスコア2-1でソ・ヒョウォンが周一涵に再び0-3で敗れた。

  最後の対戦で世界ランキング26位のヤン・ハウンは4位の馮天薇を相手に善戦したが3-1で敗れ、韓国は結局準決勝進出はならなかった。

  一方、北朝鮮女子卓球チームも世界最強の中国に0-3で敗れ準決勝進出に失敗した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事