韓国の交通事故死亡率世界1位、不名誉の原因は…(1)

韓国の交通事故死亡率世界1位、不名誉の原因は…(1)

2013年09月23日13時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
15日、ソウル江西区禾谷1洞の道路で女性が向かってくる車と駐車した車の間を歩いている。この道路は歩道と車道が区分されていない幅9メートル未満の生活道路だ。
  韓国は経済協力開発機構(OECD)加盟国で交通事故死亡率1位(2010年基準)だ。人口100万人当たり死亡者114人。世界15位の経済大国の暗い影だ。昨年は交通事故死亡者5392人のうち57.4%に当たる3093人が歩道と車道が区分されていない幅9メートル未満の生活道路で犠牲になった。高速道路や広い道路よりも住宅地周辺の狭い道がさらに危険なのが韓国の現実だ。

  12日、ソウル・禾谷洞(ファゴクドン)の住宅街の道路に宅配車両が音を上げて入って来た。歩道のない道を歩いていた3~4人の通行人はあわてて道端によけた。子どもの手を握って歩いていた女性は子どもを胸に抱きしめた。道の左右を歩いてみると8歩(5~6メートル程度)ほどだった。車2台がすれ違うのも容易でないところだった。昨年12月、この道で70代の女性が乗合車にぶつかり死亡した。乗合車が横の路地から出てくる女性に気付かずぶつかったのだ。3人の子どもを育てる40歳の女性は、「子どもたちが町内で遊ぶというと不安で簡単に許せない」と話す。

  事故地点から歩いて5分ほど離れたところには小学校がある。下校時間になると多くの子どもが集合住宅が密集する学校の裏に向かった。学校の塀に沿って設置された10メートルほどの歩道ブロック区間が終わると車道と歩道の区分が消えた。幅6メートルほどの路地は走っていく子どもたちと休みなく入ってくる車で入り乱れた。9歳の娘を迎えにきたという女性は、「路地の両端が車道とつながっており両方向から車が入ってくる。下校途中に子どもたちが走っていくのを見るととても危険にみえる」と話した。

  道路交通公団によると、昨年ソウル・江西区(カンソグ)で起きた交通事故件数は1767件だ。このうち歩道と車道がしっかりと区分されていない幅9メートル未満の生活道路で起きた交通事故は1413件で80%に達する。江西区は特別市と6大広域市の自治区で生活道路での交通事故比率が最も高いところだ。全国平均の54.8%だけでなくソウル平均の45.6%を大きく上回る。

韓国の交通事故死亡率世界1位、不名誉の原因は…(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事