韓国金剛製靴、日本リーガル社との著作権侵害訴訟で勝訴

韓国金剛製靴、日本リーガル社との著作権侵害訴訟で勝訴

2018年02月07日11時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の靴メーカー「金剛製靴」が日本製靴業界1位のリーガルコーポレーションとの法廷争いで1年間の争いの末に最近勝訴した。金剛製靴は昨年1月、不正競争防止法違反および著作権侵害に関する法違反を理由に日本のリーガルコーポレーションが提起した訴訟でソウル中央地方裁判所が先週、原告の請求棄却判決を言い渡したと6日、明らかにした。これに先立ち、ソウル中央地方裁判所第61民事部は昨年、日本のリーガル側が提起した「不正競争行為禁止など請求」の提訴に対して韓国金剛製靴と日本リーガルコーポレーション間の5回にわたる弁論を進めた。特に、第4回、第5回の弁論当時、裁判所は日本側に金剛製靴の登録商標が適法な権利であることを認め、残りの請求に対してはあきらめるよう強制調整を行ったことがある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事