【社説】「大韓独立万歳」98周年…引き裂かれた民心、二分された広場

【社説】「大韓独立万歳」98周年…引き裂かれた民心、二分された広場

2017年03月02日09時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  昨日、ソウル都心の広場は目がくらむほど混迷していた。第98周年三一節(独立運動記念日)を迎えて朴槿恵(パク・クネ)大統領弾劾賛成と反対を唱える2つの異なる集会が世宗(セジョン)大路交差点を間にわずか100メートル離れたところで開かれた。両側が動員した約100個の拡声器でそれぞれ異なる掛け声や主張、歌や扇動が飛び交っていた。2つの集会は近いうちに下される憲法裁判所の弾劾決定宣告を念頭に置いた勢力誇示の意味合いが強かった。

  目を引いたのはこの日、広場や大通りに巨大な太極旗の波が演出されたということだ。確かに一つの太極旗の波だったが、集会場所と参加者の性向によって意味はまったく違った。世宗大路交差点の南にはソウル広場、南大門(ナムデムン)などではためいていた太極旗は「大統領弾劾棄却のための国民総決起運動本部」(弾棄国)が提供したものだった。太極旗を配る弾棄国のブースのテーブルカバーには朴大統領の写真と共に「ろうそくは人民、太極旗は国民」という文章が見えた。「憲法裁判所の弾劾棄却が国民の命令」という主張も多かった。彼らの太極旗は韓米同盟を象徴する星条旗とよく似合うものだった。主に50~60代以上既成世代だった。釜山(プサン)からバスで上京したというチョンさん(75)は「朝鮮戦争の時、義勇軍として負傷したが、年金がいくらだと思うか。セウォル号の被害者よりあまりにも少ない。腹が立って出てきた」と話した。

  光化門(クァンファムン)広場の太極旗には黄色のリボンがつけられていた。セウォル号事件を忘れないように呼びかけるものだ。これはろうそく集会を主導してきた「朴槿恵政権退陣非常国民行動」(退陣の行動)のしるしだ。ここには学生と若い層が多かった。夕方になると、ろうそくに火をつけた。なぜここに来たかと尋ねるとある女子高生は「下野が民心だ。朴槿恵拘束」などのシールを見せた。

  韓民族の歴史的記念日に2つに分かれた民心を目にするのはつらい。解放以降、南と北に分かれたことも悲しいが、今回のように南と南が2つに分かれてお互いに戦っている姿を柳寛順(ユ・グァンスン)烈士が見たらどれほど悲しむだろうか。護国英霊、民主化烈士も同様な心情になるだろう。

  今まで明るみに出た朴大統領の誤りに目をつぶるわけにはいかない。ろうそく民心は裏切られたという気持ちだ。だからといって誤り以上に処罰し、もう一人の思悼世子を作るわけにもいかないのではないか。実に太極旗民心が懸念していることも血と汗でたてた祖国の未来であり、朴大統領1人を救おうというわけではないだろう。この日、広場で三一節万歳運動に参加した独立活動家の子孫という歯科医者のチョンさんが話したものには響きがある。「今の状況は1945年ヤルタ会談で韓半島(朝鮮半島)の信託統治が決定された後、国内世論が賛託と反信に分かれ、結局韓半島の分断につながった時と似ている」。実際に、この日に拡声器から流れ出た掛け声は当時の混沌としていた状況を連想させた。「このように対立したら大韓民国が広い広場で道に迷ってしまうのではないか」という心配がただ杞憂であることを望むばかりだ。

  物理的衝突を懸念したが、集会は問題なく終わった。考えが異なっても理解や配慮、対話で解決策を見出すことから民主主義は始まる。

  <ソウル光化門広場で>
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事