規制に苦しみ中国に押され…「ゲーム韓国」はゲームオーバー?(1)

規制に苦しみ中国に押され…「ゲーム韓国」はゲームオーバー?(1)

2013年10月22日09時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
League of Legendsの代表的なキャラクター「Ashe」。
  #今年5月、ネットマーブルはオンラインゲームを開発するラダスタジオを清算した。カジュアルモバイルゲーム中心に事業を運営していたネットマーブルが大型オンラインゲーム開発のために法人を設立して5カ月で手を引いたのだ。当時ネットマーブルは、「オンラインゲーム開発期間が長くかかり費用が増加する問題のため」と説明した。

  #第1世代ゲーム開発会社に分類されるブルーサイドは今年で5年にわたり「キングダムアンダーファイア2」を開発中だ。PCとビデオゲームで世界で200万枚の販売を記録したリアルタイム戦略シミュレーションゲーム「キングダムアンダーファイア」の後続作だが、十分な開発費を確保できないためスケジュールが遅れている。ある業界関係者は「ブルーサイドだけでなく韓国のゲーム業界は現在総体的難局」と話す。

  韓国のコンテンツ輸出の80%を占めるゲーム産業が枯死する危機に追いやられている。朴槿恵(パク・クネ)大統領が就任直後に創造経済をリードする「5大グローバルキラーコンテンツ」のひとつとしてゲームを挙げたが、国会ではゲーム産業を規制する法案が相次いで出されている。あるゲーム会社役員は、「韓国とは反対にテンセントをはじめとする中国企業は数百種類ずつゲームを発売している。このままでは2~3年以内にオンラインだけでなくモバイルゲーム市場も中国企業にすべて明け渡すことになるだろう」と話した。

  ◇酒・麻薬・ギャンブルとともに4大中毒源に

  実際に年初に発議された「インターネットゲーム中毒予防に関する法律」と「インターネットゲーム中毒治癒支援に関する法律」には、シャットダウン制は拡大しゲーム中毒治癒基金として売り上げの1%を出すという内容が入れられた。代表的射幸産業である競馬や賭博業者が負担する比率(0.35%)の3倍を超える。ここに今年4月に与党議員が発議した「中毒予防・管理および治療のための法律」にはインターネットゲームが麻薬・ギャンブル・酒とともに4大中毒源に含められた。

規制に苦しみ中国に押され…「ゲーム韓国」はゲームオーバー?(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事