俳優チャ・スンウォン「新作映画で12年ぶりにコメディ演技」

俳優チャ・スンウォン「新作映画で12年ぶりにコメディ演技」

2019年08月07日13時33分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優チャ・スンウォン
  映画『元気を出して、ミスター・リー』(原題)の俳優チャ・スンウォンがコメディ演技で戻ってきた感想を伝えた。

  チャ・スンウォンは7日午前、ソウル江南区(カンナムグ)CGV狎鴎亭(アックジョン)で行われた『元気を出して、ミスター・リー』の製作報告会で“元祖コメディ俳優”と言われて「そのような修飾語が大丈夫だろうか。このジャンルの映画はいつも好きだった」と話した。

  また、「しばらくはしなかったが、前作『督戦』でもコメディをしたと思う。一度味わえば抜け出すことができない(コメディだ)。次作をさらに広くお見せしたいと思って準備していたが、ちょうど同じ製作者が『元気を出して、ミスター・リー』を提案した。ヒューマンコメディで良い映画だとして勧めた」とし、「好きなジャンルだったためか、撮影してから負担がなかった」と明らかにした。

  『元気を出して、ミスター・リー』は子供のような父親、チョルス(チャ・スンウォン扮)と大人のような娘、セッビョル(オム・チェヨン扮)、思いがけず突然「娘」と遭遇したチョルスのドタバタ話を描く。12年ぶりに本業であるコメディで戻ってきたチャ・スンウォンが映画で子供よりさらに子供のような反転の魅力を持つチョルス役に扮して期待を集めている。チャ・スンウォンをはじめ、子役オム・チェヨン、俳優パク・へジュン、女優キム・へオク、俳優アン・ギルガン、女優チョン・ヘビンなどが出演する。映画『LUCK-KEY ラッキー』のイ・ゲビョク監督の新作だ。秋夕(チュソク、中秋)に公開予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事