女優コ・ヒョンジョン、沖縄旅行をまとめたエッセイを出版

女優コ・ヒョンジョン、沖縄旅行をまとめたエッセイを出版

2014年12月22日16時37分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優のコ・ヒョンジョン
  俳優コ・ヒョンジョンが本を書いた。コ・ヒョンジョンは24日に出版される「コ・ヒョンジョンの旅行、女幸」で一週間の沖縄の旅で人々と出会い話を交わしたことを通じ、共感と心の余裕を発見したエピソードを本にまとめた。

  詩と風景を記憶し、音楽と空間を鑑賞して味を感じ、人と対話する新しい理想を持ったコ・ヒョンジョンが、沖縄全地域を歩き回って楽しく仕事をしながら本当の人生というものを営む人々に会ったり、素朴な店を回りながら自身の中心や内面を振り返る話で綴られている。

  特に、コ・ヒョンジョンは『新しい沖縄旅行』(セソコマサユキ著)という本を読み、ここで紹介されている人々の人生や空間が長く心にひっかかっていたことからこの沖縄行きを決めた。この本の著者に自ら会って話を交わし、この本で見た場所を訪問して人々に会って得た大きな感動を文章に綴っている。

  長い女優生活の中で感じてきたコ・ヒョンジョンの素直な感情、常に活動を共にしてきた身近な人々のこと、旅行に同行した核心人物3人が明らかにするコ・ヒョンジョンの旅行裏話がこのエッセイにさらなる深みを加えている。コ・ヒョンジョンが普段親しんでいる詩や歌、沖縄の風景がまじわり読者の感性を刺激する。

  コ・ヒョンジョンの所属会社関係者は「トップスターの華やかな外見ではなく、日常で会う素朴な友人のような内面を垣間見せるコ・ヒョンジョンの真っ直ぐでハートフルな姿、人は人によって幸せになれると信じる彼女の考えそのままの人々や風景、空間についての話、彼らだけが持つ心の余裕が、多くの人々の乾いた感性を豊かに濡らしてあたたかく包むだろう」と話した。24日、全国オン・オフライン書店で同時出版される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事