大麻波紋のG-DRAGON、所属社が謝罪文を発表<全文>

大麻波紋のG-DRAGON、所属社が謝罪文を発表<全文>

2011年10月05日17時10分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表。
  大麻吸引の容疑で非難の的になっているG-DRAGON(ジードラゴン、本名クォン・ジヨン)の所属事務所のYGエンターテインメント側が公式立場を表明した。下記は所属事務所側が発表した謝罪文(日本語訳)の全文。

  まず始めに、このようなことが起きた点について、BIGBANGを大切にして下さっているすべてのファンの皆様、そしてBIGBANGの音楽を愛して下さっている多くの大衆の皆様に心から深くお詫びの言葉を申し上げます。今回のことにつきまして、包み隠さず申し上げたいと思います。

  今年7月ごろ、検察よりクォン・ジヨン君が大麻容疑で調査を受けることになりました。クォン・ジヨン君は大麻を吸った事実は全くなかったため、堂々と検察の調査に臨み、普段と同じく、決められたスケジュールをこなしておりました。しかし、検査の結果、意外にも毛髪から非常に極微量の陽性反応が出たとの言葉を伝え聞き、大麻を吸引した事実はなかったとクォン・ジヨン君は検査結果に非常に驚くほかありませんでした。

  この原因を突き止めようと悩んでいたところ、今年5月、日本ツアー中に公演会場として訪問した日本の数人の関係者と、コンサートの成功を祝うお酒の席に出席したことがありました。化粧室を利用した際に、ファンと推定される若い日本人の方がクォン・ジヨン君と分かってあいさつをしてタバコを勧めてきたので、好意に応じる意味でこれを受け取り、2・3服を吸ったところ、普段のタバコの感じとは違った変な感じがしたので、すぐに便器に捨てた記憶が思い浮かんだとのことでした。

  通り過ぎるように起きた些細な出来事だと考えていたため、これまで記憶にすら上ってこなかったことでした。検査過程でなぜこのような“極微量”のものが出てきたのか、その原因を探すために悩んでいたところ、ひょっとしてこの時のこの出来事が原因ではなかっただろうかと考え至り、検察に当時の状況をそのまま述べることになったのです。

  検察調査ではクォン・ジヨン君が意図的に大麻を吸引したのではなかった点、極微量の陽性反応が出た点などを情状酌量し、公訴しないとの最終決定が下されました。

  追加の法的処分はありませんでしたが、今回の出来事によって“クォン・ジヨン”と所属事務所が背負わなくてはならない責任感と罪責感は、どのような処分よりも重いものであると考えています。多くの大衆の皆様に高い人気を得ている芸能人として、彼らを徹底的に管理すべき所属事務所として、さらに、注意深い行動ができなかった点について心から反省し、また後悔しているところです。

  重ねて、今回のことでご心配をおかけしてしまったすべての皆様に深く頭を下げてお詫びを申し上げ、二度とこのようなことが起きないように最善の努力を傾けてまいります。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事