ロッテ、二男・辛東彬氏が会長に…2世経営が本格化

ロッテ、二男・辛東彬氏が会長に…2世経営が本格化

2011年02月11日12時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
辛格浩ロッテグループ総括会長(写真右)と二男・辛東彬会長。
  



  父と話す時は途中で口を挟まず最後まで静かに聞く。怒鳴ることもない。いつも謙虚な姿勢で取り組む。本社にはVIP用のエレベーターがなく、役職員と一緒に満員のエレベーターに身を乗せる。海外出張の時も旅行カバンを秘書に持たせることはない。特別な趣味もない。財界人の会合ではやむを得ず参加するゴルフは100打をはるかに越えるのが常。辛東彬(シン・ドンビン)ロッテ副会長(56)のことだ。

  辛東彬氏が10日、財界5位ロッテグループの会長になった。1997年に副会長に就任してから14年目、90年に湖南(ホナム)石油化学の常務として韓国ロッテグループに足を踏み入れてから21年目だ。父の辛格浩(シン・ギョクホ)会長(89)が1946年、日本ロッテを創業し、67年にロッテ製菓として韓国で事業を始めて以来、ロッテは初めて2世全面経営時代を開いた。辛格浩会長はグループ総括会長となった。奇数月には韓国、偶数月には日本で過ごしながら‘シャトル経営’をしてきた辛総括会長は、以前と同じく両国で報告を受けて経営懸案にかかわる。

  グループ関係者は辛東彬副会長の会長昇格について、「大きくなったグループの規模と活発化する対外活動に合った職責が必要だった」と説明した。グループの規模が拡大したにもかかわらず、2世オーナーとして現業を管掌する辛東彬会長が副会長のまま残れば、他のグループとも均衡がとれないという判断だ。この関係者は「韓国と日本のロッテを辛格浩会長が総括するものの、韓国ロッテは辛東彬会長が引き受けると考えればよい」と説明した。

  ◇辛東彬(シン・ドンビン)会長=1955年に日本で生まれ、青山学院大学経済学部を卒業した。米コロンビア大で経営学修士(MBA)を終え、81年に日本の野村証券で社会生活を開始、88年2月まで6年間、同社のロンドン支店で勤務しながらグローバル感覚を磨いた。88年に日本ロッテ商事に入社してロッテに合流、04年からグループ政策本部長を務めてきた。辛東彬氏が陣頭指揮した後、04年に23兆3000億ウォンだったグループの売上高は昨年61兆ウォン(約4兆5000億円、暫定)と3倍に増えた。

【ホットクリック】

・「中国出身アイドルを追放しよう」意見に冷たい反応
・地下鉄で韓国人女性にセクハラをする白人の男、ネットで非難集中
・ロッテ、二男・辛東彬氏が会長に…2世経営が本格化
・「北朝鮮が長射程砲装填」…3月韓半島危機説も
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事