【社説】クラシック強国を確認させたショパンコンクール優勝

【社説】クラシック強国を確認させたショパンコンクール優勝

2015年10月22日16時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  20日(現地時間)、ポーランドのワルシャワで開かれた第17回ショパン国際ピアノコンクールで、ピアニストのチョ・ソンジン氏(21)が韓国人として初めて優勝した。1927年に始まり5年ごとに1回開かれるショパン国際コンクールは、ロシアのチャイコフスキーコンクール、ベルギーのクイーンエリザベスコンクールとともに世界3大コンクールに挙げられる。特にピアノの大会では最高権威を認められている。ウラジミール・アシュケナージ(1955年2位)、マオリツィオ・ポリーニ(1960年優勝)、マルタ・アルゲリッチ(1965年優勝)、クリスティアン・ツィメルマン(1975年優勝)、ユンディ・リ(2000年優勝)など多くの巨匠を輩出してきた。世界中のピアニストたちの夢の舞台と呼ばれる理由だ。唯一、韓国人演奏者にとって敷居が高く2005年にイム・ドンミンとドンヒョク兄弟が共同3位に入賞したのが最高成績だった。

  特に今回の受賞が意味を持つのは最近国際コンクールで躍進する韓国の演奏者に対する牽制や開催国の態度などを突き抜けてひたすら実力で得た成果だからだ。チョ氏は高校生だった2011年チャイコフスキーコンクール3位入賞に続き今回のショパンコンクール優勝まで手にして世界の音楽界に自分自身の名前を鮮明に知らせることになった。審査委員もやはり「これ以上競う演奏者がいなかった」「プロ野球選手が高等学校の選手とゲームするようだった」として好評を惜しまなかった。

  今回の入賞で韓国は世界3大コンクールで全て優勝者を出す「クラシック強国」の地位を固めることになった。今回の受賞がチョ氏個人の栄光を超えてクラシック音楽界と韓国文化の快挙として受けとめられる理由だ。「アイドルK-POP」「K-ドラマ」のような大衆文化の“韓流”とともに「クラシック韓流」「K-アート」の可能性も立証してみせた。

  しかし音楽界では本当のゲームはこれからだと口をそろえる。ここ数年間の国際コンクールを席巻しながら恐ろしい新鋭を次々に輩出してはいるが、彼らがプロの音楽界で真のスター演奏者として位置を確立するまではまだ先が遠いということだ。韓国のクラシックが国際舞台で真の音楽的実体としての位置づけを確立するためには単に個人の力と努力を超えた「文化外交」力が必要だという意見も出てくる。このために国家あるいは企業レベルでどんな支援が必要なのか考えなければならない時だ。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事