グーグルと握手したアップル、サムスンにはなぜ拳を振り上げる?(1)

グーグルと握手したアップル、サムスンにはなぜ拳を振り上げる?(1)

2012年11月19日09時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アップルがグーグルとスマートフォンの標準特許使用に合意する一種の“平和協定”を推進中だ。新たな特許紛争を追加で提起しないという意味の「スタンドスティル」に対し同意する手紙もやりとりした。11日にアップルが台湾のスマートフォンメーカーのHTCと10年間の特許使用交渉を結んでから数日ぶりに再び外部に明らかになった和解の歩みだ。

  ブルームバーグなど外信は16日、「アップルがグーグルの子会社であるモトローラモビリティと仲裁を議論しながらやりとりした手紙を米ウィスコンシン州の裁判所に提出した」と報道した。ウィスコンシン州裁判所はアップルとモトローラが特許訴訟を行っている所だ。

  アップルは訴訟と関連してモトローラの親会社であるグーグルと直接仲裁議論を行った。外信によるとアップルのブルース・スウェル首席副社長は8日にグーグルに送った手紙で、「モトローラとの特許紛争を完全に終えることを望む」と書いた。また「公正で合理的であり差別なく標準特許関連技術を提供するFRAND方式で特許問題を解決しよう」と提案した。これに対しグーグルのケント・ウォーカー首席副社長は返信で、「両社間の建設的な対話の可能性を歓迎する。個別の争点をそれぞれ扱うより標準特許全般に対する議論を一度に解決すれば良いだろう」と答えた。グーグル側は「業界専門家3人を仲裁者として選定しよう」という意見も出した。

  アップルとモトローラの訴訟は昨年、「モトローラが通信標準特許使用料を過度に要求している」としてアップルが先に提起した。その後モトローラがグーグルに買収されるとアップルとグーグルの訴訟になった。裁判所は6日に訴えを棄却したが、アップルは控訴することができる。しかし両社がこうした手紙をやりとりしただけに、控訴よりも別の和解策を模索するのが有力だという見方が出ている。

グーグルと握手したアップル、サムスンにはなぜ拳を振り上げる?(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事