【グローバルアイ】大国の仕返し=韓国

【グローバルアイ】大国の仕返し=韓国

2016年08月13日12時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  #1.2012年9月、日本が尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化を断行した。日中関係は一気に冷え込み、日本を訪れる中国人団体観光客の足が急に途絶え始めた。愛国心に燃える中国人が自ら日本旅行を自制したのだろうか。当時の状況をよく知る人物の説明を聞いて謎が解けた。ある日、高位当局者が旅行会社の社長を静かに呼び集めた。出席者は携帯電話はもちろん一切の筆記道具を預けてはじめて会議場に入ることができた。会議では日本への団体旅行を中断せよとの口頭指針が下された。だが、これに関する中国政府の発表や報道は全くなかった。その時も今も変わりない「中国スタイル」だ。

  #2.2016年1月、台湾独立路線を掲げる民進党候補・蔡英文氏が総統選挙で勝利した。その後、中国はすべてのルートを動員して「一つの中国」原則、すなわち「九二共識」を認めろと蔡氏を圧迫した。蔡氏の総統就任式が開かれた5月20日、台湾テレビでこのようなニュースを見たことを思い出す。中国大陸に輸出しているすっぽん卵、アイナメ等の水産物の衛生検疫が強化されて返品が増加し、ついには注文量まで急減しているという内容だった。パイナップルなどの農産物も事情は同じだった。「九二共識」となんら関係がないように見えるアイナメまで台湾の圧迫道具としたのが「中国スタイル」だ。

  この二つの事例は、いま韓国が直面している出来事の内幕を理解するのに役立つ。チケットまですべて販売が完了していた韓流スターの大規模ファンミーティングがイベント3日前に突然中止になるなど韓国芸能人の公演中止や出演中断が相次いだ。中国大使館は今まで問題なく発行していた商用マルチビザの審査を強化して事実上発行を統制し始めた。在庫切れで売れなかった韓国化粧品に規定量を越える有害物質が検出されたという報道が出たと思ったら、実際に通関検査が強化されたというニュースが出てきた。

  共通点がある。中国側は誰も正確な理由を説明せず、韓国自らが「高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備に対する報復措置が始まったんだな」と感じるように仕向けていることだ。駐中韓国大使館もすべての力を総動員して現況把握に乗り出したが、分かったことは「公式指針が下されたのではない。経済報復措置が下されたのでもなく、韓流行事もほとんど予定通りに順調に行われている」という程度だ。現場で体験する危機感や混乱とはかけ離れた実態把握だ。

  「10年かかっても必ず報復をしてこそ君子(君子報讐十年不晩)」と考えるのが中国人だ。「復しゅうのためなら千里も咫尺(報讐千里如咫尺)」という言葉も李白の詩句に登場する。今起きていることはその始まりの始まりに過ぎないかもしれない。中国の報復が怖くてTHAADを中断しようと主張しているのではない。ただ、直面しかねない出来事を予想して周到綿密に備えなければならないということだ。それでこそ被害を最小限におさえることができる。駐中大使館幹部の言葉のように「まさか中国のような大国が幼稚な方法で仕返しするだろうか」と楽観視し、訳の分からないまま袋叩きにされることを避けるために言う言葉だ。

  イェ・ヨンジュン北京総局長
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事