<韓国殺虫剤卵>鶏肉も安心できず

<韓国殺虫剤卵>鶏肉も安心できず

2017年08月16日13時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国内の産卵鶏農家が出荷した卵から殺虫剤成分が検出され、消費者の不安感が強まっている。農林畜産食品部・食品医薬品安全処の関係者、チョン・サンヒ湖西(ホソ)大教授の支援を受け、今回の事態に関する疑問点を一問一答で整理した。

  --どうして卵から殺虫剤成分が出てくるのか。

  「フィプロニルは食用の家畜には使用が禁止されている。しかし高温多湿の夏季に鶏にダニが増えれば、一部の農家がペット用の殺虫剤を使用するという疑惑が提起されてきた。政府が使用を許可している12種類の殺虫剤も動物に直接使用してはならず、畜舎の消毒用としてのみ使用できる。それでも空気中に漂う殺虫剤成分が鶏の羽を通じて皮膚から吸収されたり、殺虫剤がついた飼料や水を摂取したりして体内に入る可能性がある。さらに根本的な問題は飼育システムだ。国内の産卵鶏農場の99%はA4用紙1枚の大きさにもならないケージに鶏を閉じ込めて密集飼育する。鶏が砂浴びでもすればダニなどがなくなるが、こうした環境では不可能だ。ダニが広がりやすい環境だ」

  --食べ物に入っている卵は問題ないのか。

  「これも安全とは断言できない。ひとまず大型マートやコンビニエンスストアで販売するのり巻きや弁当などは卵の使用を中断した。各加工会社がいつ出荷された卵を使用したかを把握するのに時間がかかるからだ。しかし市中で販売されているパンや菓子は一つ一つ確認するのが容易でない。不安なら当分は卵が含まれた食品には注意するのがよい。食品医薬品安全処によると、ひとまず今回問題になった卵は食品製造会社には納品されていないと確認された」

  --輸入卵は問題ないのか。

  「10日に食品医薬品安全処はオランダ産の卵と鶏肉からフィプロニルが検出されたと発表した。特に欧州産は気をつける必要がある。現在、欧州は『殺虫剤卵』波紋が広がっている。欧州でもフィプロニルが検出され、事態が拡大している。発源地のベルギーはもちろん、オランダ・ドイツ・フランスなど西欧全域に広がった状態だ」

  --オーガニックと表示されている卵は大丈夫なのか。

  「そうではない。認証の核心は抗生剤を使用していないかどうかだ。オーガニック卵の産卵鶏農場も殺虫剤を使う。農薬検出基準も一般農場と同じだ」

  --鶏肉は安全なのか。

  「今回の殺虫剤成分が検出されたのは産卵鶏農家だ。食用鶏は調査の対象でない。したがって安全だという保証はない。食用鶏農場も産卵鶏農場のように許可されていない殺虫剤を使用する可能性は十分にある。別の猛毒性殺虫剤トリクロルホンの許容基準が現在、牛肉と豚肉にのみ適用されるのも問題だ。鶏肉は消費量基準で豚肉に続いて2番目に多い」

  --全数調査はいつまでするのか。

  「ひとまず予定通り17日までに全数調査を終える計画だ。需給の不安定を最小化するためだ。ホ・テウン農食品部食品産業政策室長は『大型農場の試料採取を15日午前に終え、検査には7時間ほどかかる。3、4日後には卵の需給が安定に向かい始めるだろう』と話した』

  --卵の価格が上がる可能性は。

  「その可能性が高い。そうでなくとも春に鳥インフルエンザが再発し、卵の需給が良くない状況だ。韓国農水産食品流通公社(aT)によると、14日の卵の平均小売価格(30個入り特卵基準)は7595ウォン(約736円)だ。1年前(5350ウォン)に比べ42%(2245ウォン)も上がった。今回の事態で供給がさらに悪化すれば卵の価格はしばらく高くなるしかない」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事