【噴水台】シンガポールと北朝鮮

【噴水台】シンガポールと北朝鮮

2018年05月14日14時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  昨年の夏、シンガポールで「兄弟の乱」が起きた。国父と称され仰がれているリー・クアンユー元首相が残した古い邸宅の処理のためだった。2015年に他界したリー元首相はこの家を聖域にはせずに壊せと遺言を残した。だが、長男であるリー・シェンロン現首相が遺言を守らずにこの場所に記念館を作ろうとする気配を見せると、弟と妹が立ち上がった。彼らの葛藤の背後には「3世世襲」という敏感な問題がちらついている。リー首相が息子のリー・ホンギ(31)に権力の座を譲り渡そうとする計画にしたがって、父親の偶像化を進めようとしているのではないかというのが弟妹の言い分だ。

  華やかで高い摩天楼は異なるが、シンガポールの政治は北朝鮮と似ている部分がある。それは「ファミリー統治」だ。リー首相の夫人ホー・チンは国富ファンド「テマセク」の最高経営責任者(CEO)で、問題の息子リー・ホンギは公共技術部傘下機関の責任者だ。リー首相に反旗を翻した弟妹ですら、それぞれシンガポール民間航空局(CAAS)会長、国立脳神経医学院院長などの要職を占めている。外信が彼ら家族を「ファーストファミリー」と呼んいるのはこのためだ。

  よくリー・クアンユー-リー・シェンロンにつながる権力継承は朴正熙(パク・チョンヒ)-朴槿恵(パク・クネ)と比較されるが、実際は金日成(キム・イルソン)-金正日(キム・ジョンイル)のほうに似ている。父親の殺害後、一時は闇の時間を過ごした朴槿恵前大統領とは違い、金正日とリー・シェンロンは父親の陰で少しずつ後継者授業を受けていた。3世世襲問題とこの過程で起きた兄弟間の葛藤まで似ている。死刑と笞刑、法外な罰金、実質的な1党体制で国民を動けなくする権威的統治も北朝鮮に通じるものがある。もちろんその程度は違うが。ある西欧のジャーナリストはシンガポールを「死刑制度で維持されているディズニーランド」と皮肉ったりもした。

  米朝首脳会談場所がシンガポールに決まると、北朝鮮とシンガポールの縁が今さらながら注目されている。北朝鮮が韓国よりも3年近く早くシンガポール通商代表部を設置するほど両国関係は良好だ。金正恩(キム・ジョンウン)の叔母・金敬姫(キム・ギョンヒ)がアルコール中毒の治療のためにとどまったこともある。朴正熙をトウ小平、吉田茂の同列で絶賛したリー・クアンユーだったが、北朝鮮は彼が死去すると「我々人民の身近な友」という表現が入った弔電を送った。

  北朝鮮政権が最も気を遣うのは体制の保障だ。無理な核開発に乗り出したのも、突然対話に出たのもそのためだ。だが、人民の人生が崩れてしまっては体制も長続きしない。政治は似ていても経済の道はいくらでも異なりうるということを、金正恩委員長が今回のシンガポール訪問の途で感じてくれれば幸いだ。

  イ・ヒョンサン/論説委員
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事