私のコーヒーカップにTWICEが? アニメで日本オーダーメード型攻略(1)

私のコーヒーカップにTWICEが? アニメで日本オーダーメード型攻略(1)

2018年02月07日10時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
今月、東京と大阪にオープンした「TWICE Candy Pop CAFE」。新曲『Candy Pop』の世界観を広めることを目標に、来月4日まで期間限定で営業する。ファンが掲載した写真を見ると、コースターはもちろんラテアートにもキャラクターが描かれている。(写真提供=JYPエンターテインメント)
  TWICE(トゥワイス)が日本列島を熱くしている。7日、2ndシングルアルバム『Candy Pop』を発表したTWICEの人気は各地で感知されている。東京タワーレコード渋谷店にはニューアルバムを購入しようと多くの人で込み合った。1日に東京と大阪にオープンした「TWICE Candy Pop CAFE」は聖地巡礼を急ぐファンの足が絶えない。新曲コンセプトに合わせてTWICEのキャラクターで統一されたこのカフェは、来月4日まで1カ月間だけの期間限定営業のためだ。これに2日から放映がスタートした日本大手通信会社ソフトバンク「Y!Mobile」のテレビ広告にも起用され、日本中どこででもTWICEに会えるようになった。

  実のところ、TWICEが昨年6月に日本デビューアルバム『#TWICE』を発売する前でさえ、日本国内の韓流は静かだった。2010年代に入り「嫌韓」「反韓」など韓国に対する敵対的な雰囲気の中で目につく成果がなかった。BIGBANG(ビッグバン)やEXO(エクソ)、防弾少年団(BTS)などボーイズグループのツアーが地道に続いているが、ファンダムの外までは広がってはいない。日本を代表する年末特集番組『NHK紅白歌合戦』への出演も2011年東方神起・少女時代・KARAが最後だった。

  このような状況でTWICEが昨年末にテレビ朝日の音楽番組ミュージックステーションの年末特集番組『スーパーライブ』に続いて『NHK紅白歌合戦』にまで出演し、K-POPファンはうれしさを隠せない。これに先立って日本で活動した韓国の歌手も日本語に堪能だったが、TWICEにはメンバー9人中3人(ミナ・サナ・モモ)が日本人だ。コミュニケーションに壁がないことに加えてK-POPグループに日本人メンバーが進出した成功例に挙げられる。

  TWICEの成功がさらにうれしいのは、他のガールズグループとは違い、音盤の販売枚数も多いという点だ。昨年発表したデビューアルバムと初めてのシングル『One More Time』がそれぞれ25万6000枚、23万9000枚の売上を記録し、新人アーティスト販売1・2位を占めて日本レコード協会からプラチナ認定を受けた。さらに3位はTWICEの韓国ミニ3rd『TWICEcoaster:LANE 1』だった。おかげでオリコン「年間音楽・映像ランキング」で新人アーティストのシングル・アルバム・トータルセールス1位も占めた。このチャートで新人部門3冠に輝いたのは海外女性歌手では初めてだ。

  韓国内でも唯一無二の記録を出し続けている。1stオリジナルアルバム『twicetagram』(32万枚)をはじめ、昨年発売したアルバム4枚の累積販売枚数だけで103万枚に達する。平均3カ月に1回のペースで新曲を発売する年中カムバックシステムで、デビュー曲『Like OOH-AHH』から『Heart Shaker』まで、7曲のミュージックビデオ(MV)すべてYouTube(ユーチューブ)再生回数1億回を超えるなど、差別化戦略で人気を継続している。おかげで2015年10月のデビューから約1年で昨年のゴールデンディスクの音源大賞受賞を果たしたことに続き、今年はガールズグループでは、唯一、音盤・音源部門ともに本賞を受賞するという大きな成果を成し遂げた。

私のコーヒーカップにTWICEが? アニメで日本オーダーメード型攻略(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事