【コラム】世界経済危機、G20の名にふさわしい役割を=韓国

【コラム】世界経済危機、G20の名にふさわしい役割を=韓国

2015年02月06日16時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年は昨年よりも改善すると予想したが、内外の困難がこうした期待に冷水を浴びせている。特に世界経済の条件はいつになく良くなく、対外依存度が高い韓国に威嚇要因として近づいている。世界経済は依然として低成長から抜け出せず、国際通貨基金(IMF)は今年の経済成長の展望値を下方修正した。過去とは違い、先進国だけでなく中国などの新興国まで成長の勢いが鈍化して世界経済が長期停滞に陥ったのではないかとの憂慮まで出てきている。さらに先進国の間の経済政策が交錯して世界経済の不確実性を加重させている。

  世界各国はこうした問題点を認識して主要20カ国(G20)を中心に主なイシューについての解決案を模索している。2月の財務相・中央銀行総裁会議を筆頭に11月の首脳会談までG20関連の日程が決まっている。しかし今年の議長国がトルコ、来年は中国だという事実を知る人はそれほど多くない。

  G20はグローバル金融危機直後、世界経済の主なイシューを解決するのに重要な役割を果たした。2008年に拡散したグローバル金融危機の衝撃は、2009年前半に一時的に落ち着いた。G20を中心にした国際的な政策共同歩調が大きな役割を果たしたからだ。また韓国に大きな苦痛を抱かせたIMFの主な機能と支配構造の改革にもG20での合意が核心的な役割をしている。不平等問題に関連してもG20は開発途上国の貧困解消と開発格差の解消の必要性を認識して包容的な成長を主要議題として扱っている。

  初期とは違い、最近になってG20が十分な力を発揮できなくなっているのは事実だ。だが構造的な長期停滞と国際金融市場の不安、国家内および国家間の不平等の深刻化などのような問題を解決するためには、依然としてG20の役割が必要だ。現在の世界経済が抱えている潜在的リスクに対処するために最も必要なことは国際的な政策共同歩調だ。G20は世界経済協力のための最上位フォーラムとして、国際協議体の中で最も影響力が大きい。したがって国際的な政策共同歩調を引き出すところにおいても、ほかの国際機構より大きな役割を果たせる。また世界経済が低成長を克服して雇用を創り出すためにはマクロ政策だけでは充分でなく、より強力な構造改革が必要だということにすべての国家が共感している。各国がこうした対内的な改革を推進するためにも、G20の合意履行を相互圧迫の促進剤とするならば、はるかに大きな成果を上げられるはずだ。

  G20がまだ重要な役割を果たせるならば、韓国としては消極的に臨むよりも積極的に参加する必要がある。韓国が比較優位性を持つイシューをG20の核心議題として浮上させて議長国をつとめた経験をうまく活用すれば、グローバルイシューに対する韓国の声を倍増させられる。特に今年と来年の議長国であるトルコと中国は新興国なのだから韓国の役割をより一層強化できる良い機会だ。G20を、できる限りうまく活用し、韓国に友好的な対外環境が造成されるようにして、韓国の国際的地位を向上させていかなければならないだろう。

  イ・ヨンソプ ソウル大学国際大学院教授
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事