<サッカー>「このチームがW杯に?」と皮肉るファンに希望を抱かせた韓国代表の闘魂(2)

<サッカー>「このチームがW杯に?」と皮肉るファンに希望を抱かせた韓国代表の闘魂(2)

2017年11月13日13時40分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  コロンビア戦の競技力はファンを満足させるものだった。多くのファンが代表チームにまた希望を抱き始め、不信感は弱まった。背を向けていたファンも戻っている。

  しかしまだ十分ではない。コロンビア戦の1試合が良かっただけだ。1試合ではW杯での競争力を立証できない。ファンの信頼を完全に取り戻したと錯覚すればまた崖っぷちに追い込まれるだろう。こういう時であるほどしっかりと試合に臨まなければいけない。連続性、安定が重要である理由だ。

  次が期待されるこの時点で、韓国代表は14日、セルビア代表と親善試合を行う。今の流れと雰囲気を継続することが求められる。さらに強力な闘志で成長した姿を見せれば信頼はさらに深まるだろう。その姿が繰り返されるほど、不信は信頼に、さらに信頼は確信に変わる。

  W杯までの残り7カ月間、こうした流れを築いていけば、韓国代表は全国民の支持を受ける代表チームとしてロシア入りできる。

  「サッカーは一歩より多く走るチームが勝つスポーツだ。コロンビア戦ではそのような姿を見せることができた。W杯が近づくにつれ、選手たちの気持ちも高まっていく。ファンもまた希望を抱くと思う。しかし今はまだ満足できるレベルではない。今後さらに発展する姿を見せる必要がある。W杯本大会でもこうした競技力を見せることができるように最善を尽くして準備していく」。「キャプテン」奇誠庸(キ・ソンヨン、28、スウォンジーシティ)の言葉だ。

<サッカー>「このチームがW杯に?」と皮肉るファンに希望を抱かせた韓国代表の闘魂(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事