【社説】韓国政府の“にわか雨式”提案、問題は北朝鮮の態度だ

【社説】韓国政府の“にわか雨式”提案、問題は北朝鮮の態度だ

2017年07月18日10時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国国防部と大韓赤十字社が昨日、北朝鮮に軍事会談と赤十字会談を同時に提案した。今回の政府の提案は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が6日、「ベルリン構想」として知られている「新韓半島(朝鮮半島)平和ビジョン」の後続措置だ。韓国政府の北朝鮮への提案の核心内容は21日、板門店(パンムンジョム)で軍事会談を開いて軍事境界線一帯での敵対行為の中断を議論する一方、南北赤十字会談を開いて離散家族対面を推進するということだ。北朝鮮への提案がこのように多くなっているのは、まず対話の糸口から探して北朝鮮の非核化を誘導することで核と戦争脅威のない平和な韓半島を作ろうということだ。当然、必要で良い結果を期待したい。

  軍事境界線での敵対行為とは、休戦ラインで南北間拡声器放送と風船飛ばしなどだ。北朝鮮にとって最も負担になっている心理戦だ。この心理戦は昨年1月、北朝鮮の4回目の核実験から再開された。北朝鮮の敵対行為は最近増えているが、非武装地帯に約2000発の地雷を埋設して偵察用無人機も送っている。したがって、このような行為を南北がやめるのは韓半島の緊張緩和に重要だ。すでに高齢化した離散家族が再会するのも望ましいことだ。北朝鮮が韓国の会談提案に応じれば、2015年南北次官級会談以来1年7カ月での南北当局間会談が行われることになる。

  だが、本来重要なのは北朝鮮の非核化だ。北朝鮮は年内にプルトニウムを利用した1段階の核武装に続き、3年内に高濃縮ウランで数十発の核兵器を保有するものと見られる。まず、北朝鮮が核武装をする場合、韓国はもちろん米国および日本にまでも脅威になり得る。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長は米国本土を攻撃できる大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発にも非常に執着している。金委員長は4日、ICBMの試験発射に成功した後、科学者を褒賞して祝い行事を行った。問題は北朝鮮が核武装で米国本土まで攻撃できるICBMを数年内に成功すれば南北間戦略的均衡が崩れる。韓国の安保、韓半島の運命がどのように展開するか、大言壮語できない危機局面に陥ることになる。このような状況を懸念して米国は北朝鮮と取り引きした中国の丹東銀行をはじめ、企業10社に対する追加制裁に入った。米国は対北朝鮮制裁に続き、軍事的オプションまで準備中だ。

  それだけに韓国政府が今回の北朝鮮に対する提案を通じて小さい成果でも上げることが重要だが、あまりにもこだわってはむしろ失敗につながりかねない。北朝鮮が北朝鮮への提案にこだわっている韓国政府を逆利用する可能性もあるためだ。そのような場合、小さい火は消すことができるだろうが、核とミサイルという大火事の鎮火には失敗する可能性がある。北朝鮮が文大統領のベルリン構想に対して「寝言のような詭弁」といったのではないか。このようなことから、韓国政府は北朝鮮の核を遮断できる時間的余裕があまりないという点を念頭に置いて慎重を期してほしい。北朝鮮も今回の提案に対して韓半島の平和のために真正性のある態度で臨む必要がある。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事