【社説】中国人の聖火リレーにおける暴力と偏狭な民族主義

【社説】中国人の聖火リレーにおける暴力と偏狭な民族主義

2008年04月29日07時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ソウルで行われた北京五輪聖火リレーで、一部中国人のデモ隊が暴力を振るったことはあってはならないことだった。国際社会に国の品格が成熟していない国家だというイメージを植えつけてしまった。特に駐在国の国民に対する暴力も躊躇せずにはたらいた点は、韓国にとって非常に衝撃的だ。今後“偏狭な民族主義にかぶれた13億中国”という国家にどう対応しなければならないのかという根源的課題を投げかけてくれた。

  中国政府や中国人たちが韓国に好き放題犯した無礼は、昨日今日のことではない。いわゆる“東北工程”を通じて厳然たる韓国の高句麗史を自分たちの歴史に編入させようとした。台湾総統就任式に出席しようとする国会議員たちに「よく覚えておく」と“脅迫”した。中国海域で韓国船舶を沈没させて逃走した中国船舶の責任をきちんと問わなかった。

  今回の暴力事態も同じだ。中国人としては聖火リレーに反対する側にとって気分が悪いということはありえることだ。しかしその感情は平和的、理性的に表さなければ穏やかに進まない。しかし中国人たちは聖火リレー反対デモをした駐在国の国民に角材を投げるなど傍若無人だった。米国、ヨーロッパ国家でのリレーのときは見られなかったこのような暴力は、韓国の法秩序は無視してもいいという態度からではないか。

  中国は“ほかの国に脅威とならない平和の勢力になる”という「和平屈起」を外交戦略とした。また韓国とは“全面的協力パートナー関係”になったと宣言した。今回の暴力事態はこうした中国の公言を全面的にまるつぶれにした。中国政府は暴力を振るった自国民たちに適切な警告措置を取らなければならない。韓国政府もきっぱりと対処すべきだ。

  こうした暴力事態の基底に、もし中国が経済に酔って隣国を軽んじた結果なら、今後の両国関係はますます懸念される。ねじれた“中華思想”を愛国心と間違える誤った民族主義から脱却しなければならない。中国がこれでは周辺国には歓迎されない。オリンピック以後の中国が、こうした誤った流れに乗ってしまうのかと懸念される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事