<サッカー>「このチームがW杯に?」と皮肉るファンに希望を抱かせた韓国代表の闘魂(1)

<サッカー>「このチームがW杯に?」と皮肉るファンに希望を抱かせた韓国代表の闘魂(1)

2017年11月13日13時40分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国代表
  「あんなチームがワールドカップ(W杯)に出るのか」。申台龍(シン・テヨン)監督(47)が率いる韓国代表に向けたサッカーファンの皮肉を込めた言葉だ。欧州を代表するオレンジ軍団オランダと南米の強豪チリが2018ロシアW杯本大会行きを逃した。そんな中で韓国代表は本当にW杯本大会に行くほどの競争力を備えているのかという強い疑問だった。

  合理的な考え方だ。W杯本大会への過程を見ると、韓国代表は堂々たる姿ではなかった。疑問を抱かない方がむしろおかしい。「W杯に出場させられた」。この言葉が流行するほど韓国は「資格不十分」チームに転落した。流行語はほかにもある。「W杯本大会3戦全敗」。W杯本大会進出が決まった後に反転を狙ったが、その結果はロシア戦(2-4敗)、モロッコ戦(1-3)の連続完敗だった。

  韓国サッカーファンは申台龍監督の代表チームに対する信頼を失った。ヒディンク監督(71)招聘の話も浮上し、韓国代表チームは積弊のアイコンになった。W杯本大会を決めた国のうち韓国は国民の支持を得られない唯一のチームだった。

  このようなチームに奇跡のような反転があった。崖っぷちに追い込まれていた申台龍チームが起死回生したのだ。10日に行われたコロンビア代表との親善試合でだ。申台龍チームがスタートしてから最も強い対戦相手のコロンビア代表を2-1で降した。コロンビア代表は国際サッカー連盟(FIFA)ランキング13位。試合内容でも圧倒した。

  非難を浴びてきた韓国代表が久々に歓呼を受けた。同じ監督に代表メンバーもほとんど変わっていない。以前と変わった点は一つ、「闘魂」だった。精神力が見えず誠意のないプレーをしていた選手たちの姿が消えた。攻撃から守備まで11人全員が感動的な闘志を見せた。さらに戦術も効果的だった。

  サッカーファンの歓呼は太極戦士の闘魂に向けられた。強豪チームを2-1で破ったという結果はその次のことだ。国民が最も望んでいた姿を選手は見せた。サッカーファンは「負けても拍手を受けることができた試合」と語った。

<サッカー>「このチームがW杯に?」と皮肉るファンに希望を抱かせた韓国代表の闘魂(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事