東京に韓国歴史遺跡案内パンフレット…ソン・ヘギョと徐敬徳教授、1万部配布

東京に韓国歴史遺跡案内パンフレット…ソン・ヘギョと徐敬徳教授、1万部配布

2017年03月02日07時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優のソン・ヘギョ(左)と徐敬徳・誠信女子大教授
  女優のソン・ヘギョと徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信(ソンシン)女子大教授が案内パンフレット「海外で会った私たちの歴史物語-東京編」を1万部製作して東京全域に配布したと1日、明らかにした。三一節(独立運動記念日)を迎えてだ。

  韓国語と日本語で製作されたこのパンフレットには、2.8独立宣言記念資料室や李奉昌(イ・ボンチャン)義士の投弾義挙地および殉国地、抗日団体『新幹会』東京支会の創立地など、東京にある韓国の歴史遺跡が全面カラーで詳しく紹介されている。徐教授は案内パンフレットの企画を担当し、ソン・ヘギョは製作費を全額負担した。もともと徐教授はこのパンフレットを2・8独立宣言記念資料室に寄贈しようとしたが、当局の許可を受けることができなかった。その代わり、若い韓国観光客が頻繁に訪れる都内の宿泊施設10カ所に備えつけた。

  ソン・ヘギョは「このように小さなこと一つが、東京を訪問した韓国人観光客の役に立ち、海外に点在している私たちの歴史遺跡に少しでも関心がわくよう願う」とコメントした。2人は京都やロシア・ウラジオストクなどにある韓国歴史遺跡の案内パンフレットも作って配布する考えだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事