トヨタは信頼できず、アップルは信じる?

トヨタは信頼できず、アップルは信じる?

2010年07月21日15時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   リスクにどう対処するかは企業の運命を左右する。 トヨタ自動車がその代表例だ。 加速ペダルに問題があるという不満が相次ぎ、それによる事故が2000件に達したが、これを過小評価した。 すると事態は大きく膨らんだ。 年初にユーチューブには、09年8月28日晩に発生した事故の映像が載せられた。 レクサスに乗っていた全員が死亡する事故だった。 激しい批判が巻き起こった。 しかしトヨタ側はあいまいな対応をした。 豊田章男社長は米議会聴聞会の出席を拒否していたが、圧力に勝てず姿を現した。 最近までトヨタは加速ペダル問題だけで850万台をリコールしている。 1月中旬まで4200円を上回っていた株価は急落し、最近は3100円前後に落ちている。 ‘品質のトヨタ’に対する信頼を失ったためだ。

  先月発売されたアップルの「アイフォーン4」は3週間で300万台が売れるほどの人気だ。 ところが受信不良が問題になっている。 別名‘アンテナゲート’。 マイクロソフト(MS)のキャビン・ターナー最高運営責任者(COO)は「アイフォーン4はMSのビスタになりうる」と述べた。 ビスタはMSに失敗を抱かせた代表的なプラットホーム。

  世論が強まると、16日(現地時間)、スティーブ・ジョブズ・アップル最高経営者(CEO)は記者会見を自ら要望した。 ジョブズは冒頭から「私たちは完璧ではない。 私たちも人間(human)だ。 スマートフォンも完璧でない」と述べ、アイフォーン4の受信不良による被害を受けた顧客に謝罪した。 無料ケースを配り、それでも不満があるなら、払い戻しをするという結論を出した。 問題を根本的に解決したわけではないため、アンテナゲートはどう展開するか分からない。 しかし「アップル教」「ジョブズ教」と呼ばれるほどのアップルとジョブズに対する信頼は変わらないようだ。 この日、アップルの株価は0.62%の下落にとどまった。 アップルが属するナスダック指数は3.11%も値下がりした。

  信頼を失った企業と経営者は市場で生き残れない。 ネオセミテックは年初まで太陽光テーマ代表走者だった。 時価総額は4000億ウォン(約30億円)に達した。 韓国取引所が5月までにコスダック企業が受けた供給契約額を集計した結果、ネオセミテックは2871億ウォンで1位だった。 しかし迂回上場過程で粉飾が疑われ、上場廃止危機に陥った。 信頼を失ったため資金繰りが難しくなり、先月ついにワークアウト(企業改善作業)を申請した。 張寅煥(チャン・インファン)KTB資産運用社長は「CEOが信頼できず、好調な会社の株式をすべて売却したケースもあった」と述べた。 CEOが信頼できない企業には投資しないというのが原則という。 自分が投資した企業とCEOがどれほど信頼できるか一度確認してみる時がきた。

【ホットクリック】

・金賢姫、日本訪問の対価は3000万円?
・康容碩議員「子どものいない処女 朴槿恵はセクシー」
・二次電池市場、日本を抜いて韓国が1位浮上か
・「ブランド品フレンドリー、韓国が最高」
・iPad、9カ国で追加発売…韓国は除外
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事