「金正恩氏、北核関連対米特使として金与正氏の派遣を検討」

「金正恩氏、北核関連対米特使として金与正氏の派遣を検討」

2018年03月08日14時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
金与正(キム・ヨジョン)労働党中央委第1副部長
  金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長が妹・金与正(キム・ヨジョン)党中央委員会第1副部長を米国に北核関連特使として派遣する案を検討しているという主張が提起された。

  香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は8日、匿名を要求した韓国外交消息筋を引用して「チョン・ウイヨン青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長が米国に伝えるメッセージに金与正氏を米国に特使として送る案が含まれただろう」と報じた。

  この消息筋は「チョン室長は米国に米朝協議に向けた北朝鮮の条件を伝えるだろう」としながら「金正恩氏が彼の妹を韓国に送ったように、米国にも送る意向を持っている可能性があり、金与正氏は現在北朝鮮の最も強力な武器」と明らかにした。

  同時に、「金正恩氏がドナルド・トランプ米行政府に伝えるメッセージは破格的で、非常に独特だ」とし「米国がこれを大衆に発表するかどうかは分からない」とした。

  チョン室長と徐薫(ソ・フン)国家情報院長はこの日、2泊4日間の日程で米国を訪問してドナルド・トランプ大統領に直接会って金正恩氏のメッセージを伝える予定だ。チョン室長は6日「米国に伝える北朝鮮の立場を別に持っている」と明らかにしたことがある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事