日本で初めてマッコリの成分分析発表…日本酒との違いは?

日本で初めてマッコリの成分分析発表…日本酒との違いは?

2017年11月13日12時58分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国のマッコリ
  16日に日本で初めて韓国のマッコリの成分分析結果を発表する記者会見が開かれる。

  韓国農水産食品流通公社は13日、東京都内のホテルで16日に韓国の伝統酒であるマッコリの成分分析結果を発表すると明らかにした。今回の成分分析は発酵の研究で優れた実績のある東京農業大学醸造科学科と共同で行うもので、日本で初めての取り組みとなる。

  研究結果によると、マッコリにはワインのさわやかな酸味を生むクエン酸とピルビン酸、日本酒のうま味などを生むコハク酸と乳酸が、それぞれの酒より多く含まれているということが科学的分析で明らかになったという。

  また、行事当日にはマッコリ1日広報大使としてモデルでタレントの鈴木奈々さんを任命するイベントも行われる予定だ。鈴木さんがマッコリを使ったカクテルをシェーカーを振って作るほか、韓国やマッコリなどに関するトークショーも開かれる。

  韓国農水産食品流通公社は、「日本ではマッコリのファンも多い一方で、『なんとなくおいしい』『美容や健康に良さそう』という漠然としたイメージがある。正しい知識と理解を日本の方に深めてもらい、マッコリの魅力を伝えながら消費拡大を促したい」と話している。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事