「韓日中の共通教科書は望ましい」…青瓦台が歓迎

「韓日中の共通教科書は望ましい」…青瓦台が歓迎

2009年10月09日07時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「韓国と日本、中国が共通の教科書を作るのが最も理想的」という岡田克也日本外相の発言に対し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)と外交通商部が8日、歓迎の意を表した。「長期的に正しい方向」という反応だ。

  柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商部長官はこの日の記者会見で、「韓日中3カ国の若い世代が正しい歴史認識を持つのが重要だという観点で高く評価する」とし「長期的な観点で進めていく大きな方向を提示したもので、今後、緊密に協議しながらこうした方向に進んでいけるよう協力していく」と述べた。

  青瓦台の関係者も「共通の教科書ができれば、それは望ましいことだ」とし「この問題は長期間のプロジェクトになるだろう」と述べた。

  青瓦台の別の関係者は「アジア外交を重視するという鳩山首相の就任後、日本の外相が公式的な席(東京外国特派員協会の講演)でそのような発言をしたこと自体を前向きに評価する」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事