SONYの後を追い約300万円引き下げたサムスンテレビ

SONYの後を追い約300万円引き下げたサムスンテレビ

2019年05月15日08時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
サムスン電子が今年2月、京畿道水原にあるサムスンデジタルシティでサムスン電子研究員が2019年型QLED 8Kを実演している。(写真提供=サムスン電子)
  サムスン電子が米国で98インチ8Kテレビの価格をライバルのSONY(ソニー)を意識して1カ月余りぶりに3万ドル(約328万円)も引き下げて体面を汚した。サムスン電子は先月初め、98インチ8Kテレビを9万9999ドルで販売を始めた。だが、それから1カ月も経たない14日、米国法人のホームページを通じて6万9999ドルに価格を引き下げた。3万ドルという破格的な値引きに踏み切ったのだ。この製品はQLED(クォントムドット・ディスプレイ)テレビで、8Kは横の解像度が約8000ピクセル(7680X4320解像度)の超高精密映像を自慢している。

  テレビ業界では「現存する地球最高仕様のテレビだと自慢していたサムスン電子が、ライバルのSONYを意識してあたふたと値段を下げた」と分析した。SONYが6月から販売を始める8K LCDテレビ価格を7万ドルに策定すると発表したことが、サムスン電子の価格引き下げ決定に直接的な影響を与えたということだ。2つの製品は「超大型98インチ・超高画質8K」という共通点がある。もちろん細部的な仕様に違いはあるが、同じサイズのプレミアム新製品テレビ価格が3万ドルも違いが生じることにサムスン電子が負担を感じたという解釈だ。

  特に、過去グローバルテレビ市場の最強者だったSONYは最近数年間で2500ドル以上のプレミアムテレビ市場で善戦してテレビ市場でサムスン電子を脅かしている。SONYは2500ドル以上のテレビ市場で2014年10%序盤台のシェアを記録したが、2017年にはこれを37%まで引き上げた。これに対し、サムスン電子も超大型・超画質を前面に出したプレミアム戦略を打ち出しながら、同市場で昨年下半期から再びSONYを追い抜いたと伝えられている。

  このような時点にSONYが7万ドル台の反撃に出ると、サムスンが慌てて価格を引き下げたということだ。テレビ業界関係者は「1カ月で3万ドルを引き下げる製品を当初10万ドルに策定したこと自体が疑問」と話した。これに対してサムスン電子関係者は「10万ドルは発売時点に策定した象徴的な価格だっただけで、10万ドルで購入した消費者もほとんどいない」とし「米国はあまりにもマーケティング競争が激しいため、破格的な価格引き下げがたびたびある」と説明した。

  これに関連し、テレビ業界はサムスン電子とSONYに続いて、最近シャープも8Kテレビ市場に参入しながらメーカー間の価格競争が本格化する場合、「8Kテレビ大衆化」が早まるだろうと占っている。一方、サムスン電子は98インチ8Kテレビを来月ごろ韓国内でも発売する計画だが、まだ正確な価格は出していない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事