【コラム】北朝鮮の若い領導者は後ろに手を組んだ(2)

【コラム】北朝鮮の若い領導者は後ろに手を組んだ(2)

2018年03月08日14時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金正恩は大胆な印象を与えようとした。その一方で巧妙だった。核挑発モラトリアム(猶予)は条件付きだ。「対話の間は核実験、弾道ミサイル試験発射を再開しない」ということだ。北朝鮮との交渉は疲れる。前提と但書、条件のためだ。それは障害物であり地雷だ。北朝鮮の体制安全保障条件の裏には離間策が込められた。それは韓米同盟の解体と変化の要求だ。

  南北合意はひとまず韓半島(朝鮮半島)安保危機を解消させた。それは朝米対話の出発点として作動するだろう。トランプ米大統領は「北朝鮮は非常に前向きだ」と述べた。北朝鮮のそのような変化は国際社会の圧力・制裁のおかげだ。トランプの自評通りだ。北朝鮮の経済的困窮は深刻だ。米国は北朝鮮船舶に対する海上封鎖も予告する。その措置は北朝鮮に致命的だ。

  北朝鮮は核武装国だ。金正恩の成就だ。北朝鮮側は韓国特使団に平和と和解の言葉を浴びせた。「核兵器はもちろん通常兵器も南側に向けて使用しない」。しかしよく考えると不吉だ。韓国人の多数の自尊心を傷つける。韓国は核がない。核は絶対武器だ。通常兵器では防げない。そのような非対称状況が続けば核の人質になる。核がない国の悲哀は凄絶だ。相手の慈悲に頼らなければいけない。

  文大統領の意志と情熱はあふれる。「韓半島非核化を我々の力で作り出すことができるという自信で平和・繁栄の旅程を始めた」(6日の陸軍士官学校卒業式)。韓半島情勢は交渉と対話の空間に進入した。その中で忘れてはならない本質的な要素がある。金正恩の目標は明確だ。国際社会で核保有国と認められることだ。それを基礎に共存しようという意図だ。そのような状況は我々には悪夢だ。北朝鮮の核兵器は我々の問題だ。韓民族の災難だ。米国と北朝鮮だけの争点ではない。

  パク・ボギュン/コラムニスト/論説委員

【コラム】北朝鮮の若い領導者は後ろに手を組んだ(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事