<平昌五輪>日本フィギュアスター羽生がもたらした「チケット完売狂風」

<平昌五輪>日本フィギュアスター羽生がもたらした「チケット完売狂風」

2018年02月07日09時05分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
昨年2月、江原道江陵でテストイベントとして開かれた4大陸選手権に出場した羽生結弦-ネイサン・チェン-宇野昌磨。
  2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)の熱気が徐々に高まってきている。日本フィギュアスケートの競技観覧は1000対1の競争に勝ち抜いてこそ可能だ。平昌五輪のもう一つの観戦ポイントは、日本の国民スター、韓国で言うと「キム・ヨナの男版」に相当する羽生結弦の活躍像だ。平昌オリンピック大会組織委員会の競技平均入場券販売率は5日基準で77.3%となっている。

  しかし、日本国内の販売枚数は全競技で販売が完了した。特に、「皇帝」の羽生結弦(23)が出場するフィギュアスケート競技の場合、申込者が殺到して抽選を通じて入場券を配分したと朝日新聞は報じた。同紙は、チケット販売会社側が「羽生が出場する競技の入場券の場合、抽選倍率千倍を超えたものもあった」とし、羽生の人気がどの程度なのか実感することができると5日付の紙面を通じて伝えた。

  旅行会社が販売する平昌五輪競技の観覧を兼ねた旅行商品も人気だ。東武トップツアーズの場合、35件の旅行商品のうち30件がすでに定員に達している。

  羽生のおかげでフィギュアスケート競技の観覧を兼ねた商品が5泊6日で100万円に達する高価にもかかわらず、客が殺到して抽選を通じて当選者を選んでいる。抽選倍率も40倍に達した。

  日本最大の旅行会社であるJTBも、発売した平昌五輪旅行商品を抽選を経て完売した。客が殺到したことから、韓国で男子フィギュアスケート競技の入場券を購入して日本で旅行商品と抱き合わせて売ろうとしていた旅行会社が入場券の確保に失敗してトラブルになっているとも伝えている。

  フィギュアスケート男子シングル王者の羽生は、国際スケート競技連盟(ISU)グランプリファイナルで4年連続、世界選手権大会で2回連続優勝したほか、ソチ五輪で当時男子シングルの頂点に君臨していたパトリック・チャン(カナダ)を抜いて金メダルを首にかけた。五輪フィギュアスケート男子シングルのチャンピオンになった初のアジア選手だ。羽生にはこのほかにも「最初」「最高」という修飾語が数えきれないほど多い。

  ソチ五輪のショートプログラムで101.45点を獲得し、フィギュアで新採点方式が導入された後、初めて100点を超えた。これに先立ち、2015年大会でフリー200点、総点300点も初めて超えた選手でもある。現在の男子シングルのショートプログラム(112.72点)、フリー(223.20点)の総点(330.43点)世界記録保持者もすべて羽生だ。ISU公認大会で4回転ループに成功したこと(CSオータムクラシックインターナショナル2016)も、後半に3度の4回転ジャンプを成功させたこと(ワールドチームトロフィー2017)も羽生が初めてだった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事