サムスン電子、1兆ウォン投資…ベトナム家電工場を推進

サムスン電子、1兆ウォン投資…ベトナム家電工場を推進

2014年06月11日10時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サムスン電子がベトナム南部のホーチミン地域に最大10億ドル(約1兆220億ウォン)を投資して、大規模な家電工場の建設を検討している。10日(現地時間)、ウォールストリートジャーナル(WSJ)とベトナム現地メディアなどはホーチミン市人民委員会が最近、サムスン電子がホーチミン東部のサイゴンハイテクパーク(SHTP)に推進する家電工場プロジェクトを承認したと報道した。

  新しく建設する工場の規模は70万平方メートル(約211万坪)で、サムスンはここでエアコンやテレビ、冷蔵庫・洗濯機などを生産する計画だ。これはサッカー場の約100倍に相当する広さで、国内の光州(クァンジュ)事業所(69万平方メートル)よりも大きい。

  現在、サムスン電子はベトナム北部地域に携帯電話を年間1億2000万台生産できる工場を稼働中だ。また今年3月には20億ドルを投入して隣接地域に同じ規模の超大型工場を完工し、今年までに現地で4万人を雇用することにした。ベトナム政府はSHTPサムスン電子工場に6年間法人税を免除した後、4年間税率5%を適用するなど各種のインセンティブを提供する方針だ。サムスン電子は昨年ベトナムからの輸出実績240億ドルを記録し、ベトナム全体輸出のうちの18%程度を占めたと暫定集計された。

  だがサムスンは、光州・亀尾(クミ)など国内にある家電生産施設をベトナムや中国など海外に移転はしない方針だ。サムスン電子の関係者は「ベトナムに工場を増設する理由は、東南アジア・インド・ロシアなど新興国をはじめとするグローバル市場の需要に合わせるためのもので、国内生産施設の移転とは別問題」として「光州工場では今も夏を前に需要が多いエアコン・冷蔵庫の生産施設を100%稼動している」と説明した。サムスンは光州で冷蔵庫とエアコン、そして冷蔵庫とエアコンの核心部品であるコンプレッサー(圧縮機)を生産している。冷蔵庫の場合、700万ウォン(約70万円)台の「シェフコレクション」冷蔵庫の生産が大部分を占めている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事