【社説】韓国ユニコーン誕生、グローバルVCにだけ任せることはできない

【社説】韓国ユニコーン誕生、グローバルVCにだけ任せることはできない

2019年04月15日11時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の不動産取引プラットフォーム1位の「チクパン」が既存株主である米ベンチャーキャピタル(VC)アルトスベンチャーズなどから700億ウォンの追加投資を受けた。チクパンの企業価値は6500億~7000億ウォンと評価され、「ユニコーン企業」(企業価値1兆ウォン以上の未上場企業)入りを目前にしている。ユニコーン企業の相次ぐ誕生予告は喜ばしいことだ。

  残念な点があるならばユニコーン企業の前段階にある韓国企業のほとんどが米シリコンバレーを基盤としたアルトスベンチャーズのようにグローバルVCの資金支援を背景にしなければユニコーン企業の敷居をまたげないということだ。クーパン、ウーワブラザーズ、ビバリパブリカなどがすべてそうだ。ベンチャーのグローバル化を促進するという点でこうした投資誘致も意味はあるだろうが、スタートアップ創業と国内革新金融の間の好循環形成という観点で見ればユニコーン企業誕生をいつまでもグローバルVCにばかり依存することはできないだろう。

  韓国でもスタートアップが資金誘致を切実に望む時に大規模投資ができる専門性あるVCが増えなければならない。不幸にも現実はそうでない。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が革新金融を強調し金融委員会がさまざまな案を出しているが、VCは依然としてひとつの独立的な産業としての待遇を受けられずにいる実情だ。

  VCの事業方式と領域に対する果敢な規制緩和とともにスタートアップ・ベンチャー投資資金流入の門戸を大きく広げるのが至急だ。特に一般持ち株会社を含むすべての大企業が企業型ベンチャーキャピタル(CVC)を自由に設立できるよう許容しなければならない。銀行もオーナーを見つけてあげるなど自律性と責任性を高める支配構造に進めばVC投資があふれるというのが専門家らの助言だ。国産金融がスタートアップをユニコーン企業に育てられる革新生態系を作るには政府が発想の転換をする時になった。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事