俳優パク・ヘジン「36歳で大学生役はバツが悪い」 新作映画で

俳優パク・ヘジン「36歳で大学生役はバツが悪い」 新作映画で

2018年03月08日13時32分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優のパク・ヘジン
  俳優のパク・ヘジンが30代半ばで大学生役を演じたことについて感想を伝えた。

  7日、ソウルCGV龍山(ヨンサン)アイパークモールで開かれた映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』(監督キム・ジェヨン)のマスコミ試写会で、パク・ヘジンは「ドラマの時も大学生役を演じることを気恥ずかしく思ったが、映画は36歳で公開することになり一層バツが悪い」と話し、笑いを誘った。

  パク・ヘジンは「個人的にはドラマも映画もなんとなくやりきれなかった思いがある。ウェブ漫画のボリュームがすごいのでドラマと映画でこれを圧縮するにはどうしても限界がある」と伝えた。

  続いて「全16話のドラマでも足りないと思ったのに、映画2時間なら言うに及ばすだ。もっと多くのことを映画の中に込めたかったがそうできなかった。だが、それだけに映画だけの魅力がある。楽しんでいただけたらうれしい」と付け加えた。

  同作は、すべてにおいて完ぺきだがミステリアスな一面を持つ先輩ユ・ジョン(パク・ヘジン扮)と平凡だが魅力あふれる女子大生ホン・ソル(オ・ヨンソ扮)のロマンスを描いた映画だ。

  2010年から連載がスタートした同名ウェブ漫画を原作としている同作は、昨年tvNでドラマ化されて話題を集めた。映画は3月14日ホワイトデーに公開される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事