日本企業が韓国で囲碁大会を開催する理由は

日本企業が韓国で囲碁大会を開催する理由は

2018年03月08日13時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
6日に韓国棋院で開かれた竜星戦の予選。韓国選手204人が出場した。(写真=韓国棋院)
  6日からソウル馬場路(マジャンノ)の韓国棋院では第1期竜星戦の予選が行われている。韓国から204人が出場した竜星戦は日本が後援する大会だ。賞金総額は2000万円(約2億200万ウォン)、優勝賞金は3000万ウォンだ。外国企業が後援する国内棋戦が行われるのは今回が初めて。

  竜星戦はもともと日本のケーブル放送局「囲碁・将棋チャンネル」が後援する日本棋戦の名称だ。27年間も開催されているほど歴史と伝統がある。囲碁・将棋チャンネルは韓国に先立ち中国でも竜星戦を開催し、すでに9回目を控えている。

  日本企業が他国の大会を後援するのは過去の日本囲碁の影響力を取り戻すためだ。囲碁・将棋チャンネルの梅澤秀行部長は「日本を代表するテレビ棋戦の竜星戦を韓国と中国にも根付かせたい」とし「世界大会でない独立棋戦として定着させ、各国の囲碁の発展に寄与できればいい」と述べた。

  最近、日本囲碁は国際舞台で影響力を拡大するために努力している。昨年の「ワールド囲碁チャンピオンシップ」に続き、今年は「SENKO CUPワールド碁女流最強戦」を新設した。韓国棋院のチャ・ヨング広報チーム長は「日本はしばらく世界大会で成績が出ていなかったうえ景気も良くなかった。最近は井山裕太九段が善戦し、日本の景気も良くなり、世界に視野を広げている」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事