韓国大卒者、就職は両親の所得次第?…大学単位は無関係

韓国大卒者、就職は両親の所得次第?…大学単位は無関係

2013年06月04日13時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国では両親の所得が高いほどTOEIC点数が高く、この点数が大企業と公企業の入社に決定的な影響を及ぼすという研究結果が出た。

  韓国職業能力開発院のオ・ホヨン研究委員は、こうした内容が盛り込まれた『両親の所得階層と子供の就職スペック』報告書を3日発表した。2009~2010年に大学を卒業した1万4349人を対象に入学当時の両親の所得を調査して分析した結果だ。

  報告書によれば、両親の所得が月200万ウォン(約17万8000円)未満の場合、子供の平均TOEIC点数は676点で、月700万ウォン(約62万2000円)以上の両親の子供(804点)と128点の差を見せた。また両親の所得が月200万ウォン未満の場合、語学研修の経験がある大卒者は10%水準にとどまったが、月700万ウォン以上では3人中1人(32%)が語学研修に行っていた。その一方、大学での単位は両親の所得にともなう差は大きくあらわれなかった。資格の保有比率はむしろ両親の所得が高いほど低かった。

  だが、同じ年に大企業・公企業・公務員に正規職として就職した大卒者3133人を調査した結果、大企業への就職にはTOEIC点数と語学研修が核心的な影響を及ぼしたことが分かった。大企業への就職確率はTOEIC点数がプラス10点あたり3%、語学研修経験がある場合49%高まった。公企業の場合はTOEIC点数プラス10点あたり就職確率が4%高くなり、大企業よりもTOEIC点数の影響力がより大きかった。しかし公企業入社に語学研修経歴は特別役立つことはなかった。

  公務員就職は、TOEIC点数や語学研修とは関係がないことが分かった。オ研究委員は「大企業と公企業は、お金で積めるスペックではない業務遂行能力に基づく評価システムをつくらなければならない」と話した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事