【社説】核実験場閉鎖…真の非核化の礎石にならなくては

【社説】核実験場閉鎖…真の非核化の礎石にならなくては

2018年05月14日10時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が23~25日に咸鏡北道吉州郡豊渓里(ハムギョンブクド・キルジュグン・プンゲリ)の核実験場を爆破し永久閉鎖すると発表した。爆破現場には韓国と米国、中国、英国、ロシアのメディア関係者を招いて見守れるようにするとも明らかにした。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談で合意した「完全な非核化」の意志を誇示する初めての明確な措置という点で意味がある。米朝首脳会談を控え先制的に非核化措置に入ることにより米国から最大限の補償を得ようとする戦術としても注目される。折しもポンペオ米国務長官は12日、「北朝鮮が速やかに果敢な非核化措置を取れば韓国のような繁栄を達成できるよう協力する準備ができている」と述べた。

  9日の訪問時に金正恩委員長に「完全かつ検証可能で後戻り不可能な非核化(CVID)をすれば制裁緩和と体制保障に経済補償までパッケージで提供する」と話したという説を後押しする「超大型ニンジン」の提案であるわけだ。北朝鮮の核実験場爆破が米朝間の信頼を積み上げ、ポンペオ長官の提案が実現される礎石になることを期待する。

  そうするには進む道が遠いのも事実だ。米国は北朝鮮が非核化を完了すればすぐに前例のない大規模経済支援に出るだろうが、それに先立ち非核化の有無を検証する作業もやはり類例のない強さで実施すると明確にしている。検証能力を備えた他の国々と組んで軍部隊を含む北朝鮮全域の核関連が疑われる施設を抜き打ちで査察する方針という。米国は北朝鮮に核弾頭と核物質、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の相当部分を早期に海外に搬出するようにと要求しており、これを米朝首脳会談の核心議題としようとしているという。

  金正恩委員長の肩にかかった。核実験場閉鎖の決断で最初の一歩を踏み出した歩みを継続することを期待する。過去の6カ国協議は核凍結・不能化・検証・廃棄などにプロセスを細かく分け北朝鮮に段階別に代価を提供する方法を取り検証段階で行き詰まり失敗に終わるのが常だった。そこで米国は今回だけは核廃棄を最優先順位とし「早期一括妥結」をするという立場が堅固だ。北朝鮮はこうした現実を直視する必要がある。これまで主張してきた「段階的・同時的措置」から脱却し、拡大された査察要求を受け入れて核兵器も早期に搬出し、核実験場閉鎖の決断で見せた非核化の意志を再確認させるならば米国の「超大型ニンジン」もはるかに繰り上げて実現できるだろう。

  そうした点から北朝鮮が核実験場爆破現場招請対象から核専門家らを除いたのは残念だ。核実験場は北朝鮮の核兵器開発現況と能力を見せる核心指標だ。北朝鮮が真に非核化を決断したとすれば専門家らが核実験場を訪れるのを忌避する理由はない。ホワイトハウスも「国際専門家らにより査察と十分な検証ができる(核実験場)閉鎖が北朝鮮非核化の核心措置」と強調する。北朝鮮が専門家を招請する決断を下すならば「第2の寧辺(ヨンビョン)冷却塔爆破ショー」と核実験場閉鎖をおとしめる声は静まることになるだろう。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事