【社説】ノロウイルスの伏兵にあった平昌、衛生安全が最優先だ

【社説】ノロウイルスの伏兵にあった平昌、衛生安全が最優先だ

2018年02月07日07時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  開幕を2日後に控えた平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)が食品衛生面で非常事態を迎えた。民間警備員41人がノロウイルスに感染した疑いがあるという。一部は選手村の警備員であり、選手村の衛生管理にまで飛び火しないか懸念される状況だ。

  当局は6日、平昌の宿舎に共に宿泊していた警備員1200人を隔離し、代わりに約900人の軍兵力を緊急投入した。しかし対応が遅いという批判を免れがたい状況だ。症状が表れてから4日後に現況の把握と疫学調査に入ったからだ。

  警備員はオリンピック組織委員会が民間会社と契約を結んで選抜した大学生で、劣悪な勤務条件と非衛生的な宿舎環境に失望感を表してきた。ある警備員は「(先月31日の)入所直後からシャワーの水から腐ったにおいがすると問題を提起したが特に措置もなく、突然、宿舎では浄水器の水を飲むなという話が出てきた」と伝えた。

  ボランティアメンバーの宿舎や食事、交通など劣悪な処遇に対する不満も多い。3日の模擬開会式ではボランティアメンバー約60人がボイコットの動きを見せた後、復帰した。屋根のない行事場所で行われたこの日の模擬開会式では酷寒のため多くの観客が途中退場するなど少なからず問題点を露出した。

  五輪が目の前に近づいたが、五輪の主役である選手や競技自体への関心は大きくない。南北合同チームや北朝鮮芸術団などに注力し、五輪自体を盛り上げる作業が不足しているという批判も出ている。平昌は南北イベントを越える世界的なスポーツ祭典だ。南北和合というメッセージよりもスポーツ行事をうまく進行することが先だ。開催の成功のために衛生・安全など最後の瞬間まであらゆる状況に徹底的に対応する必要がある。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事