東方神起ユンホの「ユンホ図書館」設立…アジアのファンたちが寄付

東方神起ユンホの「ユンホ図書館」設立…アジアのファンたちが寄付

2017年04月21日16時36分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
東方神起のユノ・ユンホ。
  東方神起メンバー、ユノ・ユンホの名にちなんだ図書館が光州(クァンジュ)市に建てられる。

  21日、韓国メディアのニュース1などによると、日本・中国・台湾などユンホのアジア地域のファンたちの寄付で、早ければ5月に光州市光山区(クァンサンク)の素村(ソチョン)アートファクトリーに小さな図書館が設立される。これは、ユンホのファンたちがインターネットのファンサイトを通じて募金した2700万ウォン(約260万円)を図書館の設立に使ってほしいと昨年末に光州社会福祉共同募金会に伝達した。

  光山区は、ファンたちの意思を尊重して72平方メートル規模のコンテナ2棟を改造した後、文化芸術分野に特化した小さな図書館を建てる計画だ。図書館は、展示・公演空間も設けられ、地域の芸術家や住民たちが利用できる文化空間にする予定だ。

  一方、ユンホは20日、現役として服務を終えて除隊した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事