韓国の月間輸入車販売が過去最多…ベンツ1位、トヨタは?

韓国の月間輸入車販売が過去最多…ベンツ1位、トヨタは?

2018年04月06日13時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  輸入車の月間販売台数が過去最多となった。

  韓国輸入自動車協会(KAIDA)は5日、3月の輸入車登録台数を前年同月比19.6%増の2万6402台と発表した。2015年12月(2万4366台)以来2年3カ月ぶりに月間最多販売台数を更新した。

  今年1-3月期の累積登録台数は前年比22.6%増の6万7405台。この傾向が続く場合、今年の輸入車年間販売台数は初めて25万台を超える見込みだ。

  ブランド別にみると、メルセデスベンツが3月に7932台売れ、BMW(7052台)を抑えて3カ月連続1位となった。ベンツとBMWの月間販売台数が同時に7000台を超えたのは初めて。BMWグループの場合、ミニ(MINI)の販売台数を合わせると8000台(8062台)を超える。次いでトヨタ(1712台)、ランドローバー(1422台)、レクサス(1177台)、フォード(1060台)、ミニ(1010台)の順となった。

  3月の輸入車ベストセラーはベンツE200(2736台)だった。BMW520d(1610台)、レクサスES300h(822台)などが後に続いた。

  国別にはドイツなど欧州ブランドの比率が76.6%にのぼった。日本車は16.6%、米国車は6.8%。

  ユン・テソンKAIDA副会長は「3月の輸入車市場は本格的な販売シーズンに入る時期で、一部のブランドの積極的なプロモーションのため前月比で販売が増加した」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事