日本『君の名は。』韓国公開初日、ボックスオフィス1位…ヒットの予感

日本『君の名は。』韓国公開初日、ボックスオフィス1位…ヒットの予感

2017年01月05日14時15分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
『君の名は。』のポスター(写真提供=メディアキャッスル)
  日本アニメ『君の名は。』の韓国公開初日、韓国映画『マスター』を抜いてボックスオフィス首位に立った。

  5日、韓国映画振興委員会統合電算網によると、4日に公開された『君の名は。』は公開当日13万8028人の観客を動員してボックスオフィス1位を記録した。

  先月21日に公開されて以来、ボックスオフィス1位を独走していた『マスター』は公開14日で首位を明け渡した。

  『君の名は。』は日本の天才監督・新海誠が演出した作品で、ある日突然身体が入れ替わった田舎少女と都市少年の間に生まれた不思議な縁と彼らが起こす奇跡などを描いている。日本を越えて中国、香港、台湾などアジアの国々でも興行記録を次々と塗り替えてセンセーションを巻き起こしている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事