俳優イ・サンウとキム・ソヨン熱愛説、ドラマから実際のカップルに発展か…所属事務所側「確認中」

俳優イ・サンウとキム・ソヨン熱愛説、ドラマから実際のカップルに発展か…所属事務所側「確認中」

2016年09月06日17時09分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優イ・サンウと女優キム・ソヨン(写真=中央フォト)
  同年齢の俳優イ・サンウ(36)と女優キム・ソヨン(36)が熱愛説に包まれた。

  6日、あるメディアはMBC(文化放送)の週末ドラマ『家和萬事成』で恋人として共演したイ・サンウとキム・ソヨンがドラマでの縁を現実につなげて実際に恋人になったと報道した。

  先月21日に終了した『家和萬事成』でイ・サンウとキム・ソヨンはそれぞれソ・ジゴン役とボン・ヘリョン役で6カ月間、障害にぶつかる愛を演じた。

  『家和萬事成』の関係者は「撮影中盤からイ・サンウとキム・ソヨンの雰囲気が普通ではなかったが、放映終了ごろに実際に2人は恋人の仲に発展した」と説明した。

  2人とも1980年生まれで30代後半であるだけに今の交際を結婚まで真剣に考えているという。

  これについて双方の所属事務所は「確認中」と明らかにした。

  イ・サンウは2005年に単発ドラマでデビュー後、『糟糠の妻クラブ』や『人生は美しい』でスターダムに上がった。その後『愛を信じます』『千日の約束』『神々の晩餐』『温かい一言』『お願い、ママ』などにこまめに出演している。

  1994年SBS(ソウル放送)青少年ドラマ『恐竜先生』でデビューしたキム・ソヨンは『イヴのすべて』で早くから人気を享受した。その後は『母よ姉よ』『アイリス』『検事プリンセス』『ドクター・チャンプ』『ロマンスが必要』などで活動してきた。

  『家和萬事成』の関係者は「イ・サンウとキム・ソヨンはそろって内省的で人見知りする性格だが、冷たく見える第一印象とは違って温かい品性と優しい性格だ」として「2人はとてもよく似合う」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事