空軍元士にMERS感染が疑われる症状…見舞い将兵100人を隔離=韓国

空軍元士にMERS感染が疑われる症状…見舞い将兵100人を隔離=韓国

2015年06月04日09時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  軍副士官とソウルのある大型病院の医師が中東呼吸器症候群(MERS)と疑われる症状を示したため精密検査を受けている。

  空軍は3日、「京畿道(キョンギド)烏山(オサン)空軍基地某部隊所属の元士(下士官の最上階級)A氏(45)が、先月、勤務地の近くにある京畿道B病院に入院してから軍病院に移り、治療を受けている間にMERS感染が疑われる症状を示したため隔離した」と明らかにした。B病院はMERS感染者24人が発生したところだ。軍病院がA氏の遺伝子を検査した結果、陽性判定が出てきた。軍関係者は「現在までA氏の症状がそれほど重いものではなく、4日午前に検体(可検物)を疾病管理本部に送って確認検査をする予定」と話した。軍当局はA氏を見舞った将兵・副士官など軍人100人余りを隔離した。彼らもB病院でMERSの最初の患者(68)と接触した可能性がある。

  ソウルのある大型病院の医師もMERSに感染した疑いのある患者に分類されて確認検査が行われている。彼は14人目の感染者(35)を診療した。保健福祉部関係者は同日、「ソウル市保健環境研究院で1次陽性判定が出てたので疾病管理本部で最終確認作業を行っている」と話した。14人目の患者は先月27日、京畿道の中小病院で診療を受けたが、症状が悪化して市外バスに乗ってソウルに移動した。この医師が感染者であることが確認されれば、16人目の感染者ではない新たな経路による3次感染になる。

  福祉部はMERS3次感染者1人、2次感染者4人が追加で発生したと3日、発表した。2次感染者4人は京畿道B病院で最初の感染者(68)と同じ病棟にいた患者だ。3次感染者(60)は16人目の感染者(40)が確診判定を受ける前の先月22~28日に入院していた中部圏中小病院の同じ病室にいた。感染者が拡大して隔離対象者は3日の一日だけで573人が新たに増え、合計隔離対象者は1364人(家1261人、施設103人)になった。

  このように隔離対象者が急増しながら自宅隔離の弱点が現れ始めている。京畿道のある保健所関係者は「勝手に出歩く人がいても一人ひとり家の前で監視することはできない」とし「電話しないでほしいと言って電話を取らない人もいる」と話した。自宅隔離状態で隔離を拒否してゴルフに行き摘発された60代女性も隔離初日(先月31日)から市内を出歩いていたことが明らかになった。3次感染が発生した中部圏の中小病院でも医療スタッフや患者など116人が隔離対象となったが、入院患者のうち6人がこれを拒否して退院してしまった。再入院を拒否したが、防疫当局が警察と一緒に家に訪ねて行くと再入院するということもあった。

  政府は50歳以上の高齢者、糖尿病・心臓病患者などの高危険群(全体35%)は別途施設に隔離すると発表したが施設隔離者は現在の時点で7.6%に過ぎない。対象者が施設隔離をなかなか受け入れないでいるためだ。

  一方、全国的に小学校273校、中学校55校、高校7校、大学4校、幼稚園196カ所、特殊学校9校など544カ所が休校に入った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事