【コラム】「先進国になった」という錯覚の沼にはまった大韓民国(1)

【コラム】「先進国になった」という錯覚の沼にはまった大韓民国(1)

2013年11月15日14時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  周囲では誤った認識、すなわち「錯覚」で、個人はもちろん組織の運命も誤った方向へ向かってしまう場合をよく目にする。軽い風邪だと思って放置していたら肺炎になる一方、市場と技術の変化を読み誤って危機に陥る企業もある。このように錯覚は非常に些細なことでも危険な結果を招く。

  韓国が先進国になったと考える人が多い。町中にあふれるおしゃれな服、素敵なレストラン、高級自動車、空港を埋め尽くす海外旅行客、最新スマートフォンを見ながら、我々は裕福だと考える。経済指標はさらに輝かしい。韓国は年間貿易規模世界8位、経済規模(GDP)15位というすばらしい実績を誇っている。このため多くの人々は、韓国はもう先進国の仲間入りを果たしたのだから低成長も仕方ないと考える。今では分期別GDP成長率が1%でも越えたら自身に満足して祝杯を上げようという雰囲気すら感じられる。

  ところで我々は本当に先進国なのだろうか。まず基本的なものさしである経済的な側面を見ると私たちはまだ中進国水準に近い。韓国のGDP順位が高いと言っても、これは世界で25番目に多い人口のおかげだ。1人当たりのGDPを見ると、韓国は34位でオマーンやバーレーンよりも低く、香港やイスラエルの3分の2ほどに過ぎない。国民の生活水準も先進国と違って余裕がなく窮屈この上ない。韓国開発研究院の発表によると、韓国国民1人当たりの住居面積(2010年基準)は25平方メートルで、ドイツ・英国・フランスなど先進国の50~60%水準にとどまっている。小さな家に住むことで有名な隣国・日本よりも狭い。生活の中の憩いの場である公園はもっと不足している。ソウル市民1人当たりの公園面積は8.5平方メートルでロンドンとベルリンの3分の1に過ぎない。

  国民意識も先進国と大きな開きがある。世界銀行は「法治主義」の順位が高いほど経済・社会発展の水準が高いと指摘した。ところが韓国の法治主義順位は経済協力開発機構(OECD)加盟国31カ国のうち25位と最下位圏だ。法治主義がよく守られている米国の場合、現役議員もデモの途中でポリスラインを越えたという理由で逮捕され、これに対して誰も抗議しない。法を犯せば誰でも処罰を受けるという社会的共感が形成されているためだ。一方、韓国は地域・労使・理念など社会的葛藤も深刻だ。韓国の葛藤水準はOECD加盟国のうち2番目と深刻で、社会葛藤に伴う経済的損失は年間最大246兆ウォン(約23兆円)に達する。

【コラム】「先進国になった」という錯覚の沼にはまった大韓民国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事